黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

素人の浅知恵だから外れるかもしれないけど

 昨年末から円高傾向が続いております。これはまぁ、経済系のシンクタンクが発表したレポートなんかを読んでいると、ある程度、予測できたことなんで、とくに驚くような話ではなかったんですけど、問題は、これがいつまで続くかということですね。

 為替レートの予想はプロでも難しいので、所詮、素人の浅知恵で考えるんですが、日銀短観で日本企業の想定為替を見ていると、大体1ドル105~110円の間に設定されているんですね。したがって日本政府も、ドル円レートがその範囲であれば、国内企業も十分、耐えうるだろうと判断し、とくにリアクションしないと思います。105円を割り込んでくると、何らかのリアクションを起こすと思いますが。
 
 円高になった要因としては、アップルの業績が下方修正されたことで株価が低下し、その影響を受けたという見方が強いようです。しかし、マクロでみて、それほど大きなインパクトのある話だとは思えない。倒産したというならともかく、一企業の業績悪化というだけのことですからね、この影響はあくまで一時的なものでしょう。

 アメリカの政府閉鎖に関しても、ちょうどいま、アメリカは冬で、誰も博物館やら美術館なんて行きませんから、閉鎖したところでなんてことはない。春先になれば客が戻ってきますから、それまでに議会が妥協して閉鎖解除に向かうと思います。

 となると、今の円高はそれほど長く続くわけではなく、今年春くらいには110~115円くらいに戻るんじゃないかと。まぁ、あくまで素人の考えなんで全然外れるかもしれませんけど、何となくそんなふうに見ております。


塩レモンを使ったパスタ

 道の駅に行くと、たまに売っていたりするんですよ、塩レモン。買ってきたら、焼肉やサラダを食べるときに使うんですけど、パスタにも使えるなんて知らなかったですねぇ。





 シェフの口調からいまいち覇気を感じないのですが、それはともかく、作り方はきちんと教えてくれています。鶏肉とキャベツを具材とし、塩レモンをアクセントに加えるオイルパスタといった感じです。

 調理中に適宜、加えられている「パスタベース」がちょっと気になったので調べてみると、パスタ用の洋風出汁(液体コンソメ)のことですね。わざわざ買う必要はないと思いますが、味を調えるのが少しだけ楽になります。


話のスケールが朝ドラと同レベル

 「新年あけましておめでとうございます!」と言いたいところなんですけど、今年の年末年始は酷い目にあったというか、散々でしたねぇ。

 ずっと作業に打ち込んでいたことが祟ったのかもしれませんが、ずいぶん体力が落ちていたようで、この冬、なんと2度目の体調不良になってしまいまして、クリスマスが終わって大晦日から正月三箇日が明けるまで、ひたすら伏して過ごすというありさまでございました。

 しかも今回は、どうやらノロウイルスにやられたらしく、尾籠な話で恐縮ですけど、上から下から、まぁ出るわ出るわ、まるで水芸のようにあふれる始末でありまして、世間でいうところの正月気分もへちまもありません。ひたすら寝床でウンウン唸っておりました。

 今もまだ、お腹の調子があまり良くありません。しかし、ようやく日常生活を送る分には支障のないレベルにまで回復したので、諸々の作業を開始しています。いやぁ、それにしてもひどい正月だった。

 ところで、今年のNHK大河ドラマ「いだてん」の内容、そりゃたしかに、来年は東京オリンピックでしょうけど、話のスケールがもはや朝ドラと同レベルで、興味も関心もまったく湧きませんなぁ。これ、これから先、日曜夜に一年かけてみんな観たいと思うのかしら。全然思わんなぁ。

 それならいっそ、「プロジェクトX」のように東京オリンピックを着想段階から辿って、それが計画になり、やがて開催を迎えるまで、どのようなドラマがあったのかを史実に基づきながら描いてくれた方がぜったい面白いと思うんだけどなぁ。

 というか近年、大河ドラマの「朝ドラ化」がしばしば指摘されるのですが、おそらく原因は、歴史的素養に乏しい脚本家が多くなってしまって、大河ドラマを担うことができるような脚本家がほとんどいなくなったからでしょう。

 今年の大河ドラマも、脚本担当は宮藤官九郎でしょう? 脚本家としての才能はあるんでしょうけど、歴史好きを満足、もしくは納得させるようなドラマに仕上げてくれるという期待感は、やっぱり薄いと言わざるを得ないんじゃないでしょうか。どんな視聴率を叩き出してくれるのか、楽しみです。


本当に遊びに行く暇がない

 このところ、週一回の更新になっていますね。でもまぁ、仕方ない、だって非常に忙しいんだもの。毎日、やらないといけない作業に追われておりまして、それがおそらく1月いっぱいまで続いて、その後、4月までに準備しないといけない案件があるので、本当に遊びに行く暇がない。

 それで気が付くと、昨日は天皇誕生日だったわけです。全然気づかなかった。今にして思うと、たしかに右翼の街宣車が外で騒いでいたのは、そういうことだったんですね。しかし、軍歌はともかく、国歌を大音量で流して市民生活に迷惑をかけるのは、愛国者としてどういう了見なのかとは思いますが。

 しかも今日は、クリスマス・イブということで、なんやかやと世間は騒がしいのでしょうけど、こちらはまったくあずかり知らぬ話でありまして、作業を続けなければならないのであります。 

 こういう世知辛いときは、そうだ、はーちんの動画を見て癒されよう。



 

体調が悪いと作業も進まない

 もうね、参っちゃいますよね。金曜日の昼頃から喉が急に痛くなって、「あ、これヤバイやつかも、あ、これ風邪になっちゃうかも」と思っていたんですよ。

 でもですね、たまたま知人に遭遇して、「これから一緒に飲みましょう!」と誘われたもんですから、これは乗らないわけにはいかないとうことで飲み明かしたところ、案の定、風邪になっちゃいまして、土日は寝込む羽目になりました。今日も本当は調子が悪いんですけど、片づけないことがあるので、無理強いしてパソコンの前で作業しているのであります。

 しかし、喉は痛いわ、咳は止まらんわ、薬を使って何とか抑えていますけど、やっぱりせんなぁ。そう思うと、いっそきっちりと休んでから作業した方がいいんじゃないかと思うわけですが、世の中には締め切りというものがあるので、それに間に合わせないといけない。

 締め切りを守らないと、当たり前のことですが、多くの人たちに迷惑をかけることになりますね。そういうことを考えると、あぁ、自分は今、社会の歯車の一つになっているんだなぁということを、こういうところから実感するわけです。

 それにしても年賀はがきの宣伝、多すぎやしませんか。浮世の義理で、年賀状は毎年、30枚くらい出すんですけど、平成最後ということでこれを区切りに、もうやめにするか、10枚くらいまで絞り込もうかと思ったりします。

 世の中には何百枚も出す人がいるらしいですけど、そこまで来るともはや趣味の世界ですよね。他人の趣味に付き合わされるのは迷惑ですから、返事がなくても怒らないでほしいんですけど、かといって返事を出さないでいると、陰で何を言われるか分かりません。なので一応、返事を書きますけど、なんかそんな気持ちで書くのも悪い感じがします。

 つまり、年賀状への気持ちがあんまり健全なものではなくなっているので、そういう誠意に欠けたものを出すのはあんまりよろしくないと思うんですけど、浮世の義理を欠くことの方が怖いのでやっぱり今年も年賀状を書くのでしょう。あぁ、面倒くさいなぁ。



ギャラリー
  • 塩レモンを使ったパスタ
  • 本当に遊びに行く暇がない
  • 怒涛の忙しさから一段落
  • 12月、12月ですよ
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 引き金は会長の待遇ではないだろう
  • 音符を両手ですくい取りながら歌うイメージ
  • 無理しない、無茶しない、ムキにならない
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ