2019年03月21日

 最近のネット記事は、記事の署名が冒頭ではなく、末尾にあることが多いんですね。あれ、やめてほしい。誰が書いたのか分からないと、読むに値するかどうか、すぐ判断できないじゃないの。

 そんなもん、書いてある内容が重要であって、誰が書いたかなんてどうでもいいことじゃないかという人がいるでしょうけど、そうじゃない。

 たとえば、トランプ政権の評価に関して同じことが書かれていたとしても、国際政治学者の意見なのか、その辺の居酒屋でくだを巻いているオッサンの意見なのかで、やっぱり受け止め方や読み方が変わるでしょう? 

 権威主義といわれたらそれまでかもしれないけど、情報の取捨選択において、誰の意見かというのは欠かせない判断材料のひとつです。したがって、記事の冒頭にちゃんと署名してほしいわけです。

brochothrix3121 at 20:00コメント(0)Blog
 
 先日、知り合いと話しているとき、何かの拍子で普段、どんなテレビ番組を見ているのかと聞かれたので、「よく見ているのは、NHKBSでやっている『岩合光昭の世界ネコ歩き』かなぁ」と答えたら、苦笑された。何? ダメなの?


brochothrix3121 at 09:30コメント(0)Blog

2019年03月20日

Macintyre_The Spy and the Traitor

















 オレグ・ゴルジエフスキー(Oleg Gordievsky)は、1985年5月、英SISの協力を得てイギリスに亡命した元KGB高官としてよく知られている。その際、ゴルジエフスキーは、大量のKGB文書をイギリスに持ち込むことに成功した。イギリスの情報史家、クリストファー・アンドリュー(Christopher Andrew)は、この文書をもとにKGB: The Inside Story of its Foreign Operations from Lenin to Gorbachev(New York: Harper Collins, 1990)(『KGBの内幕』上・下巻、文藝春秋、1993年)を著して、ソ連・KGBの対外工作の実態を世界に広く知らしめた。

 今回、スパイ関係の著作で定評のあるイギリスの作家、ベン・マッキンタイア(Ben Macintyre)がゴルジエフスキーの亡命劇を描いた著作を出した。なぜソ連を裏切ったのか、SISがどのように亡命を支援したのかなど、その内幕をめぐる興味深い内容になっている。

 以下、出版社のウェブサイトにあった紹介文を載せておく。

John le Carré calls it “The best true spy story I have ever read.” Quite the compliment from the master of the spy novel for New York Times bestselling author Ben Macintyre’s latest work, THE SPY AND THE TRAITOR: The Greatest Espionage Story of the Cold War (Crown; September 18, 2018). With his acclaimed titles including A Spy Among Friends, Double Cross, Operation Mincemeat, and Agent Zigzag, Macintyre has proven himself a master in his own right. In gripping, edge-of-your-seat narratives, he has shined a light on the secret agents whose mastery of craft changed the course of history. Now, in THE SPY AND THE TRAITOR, he has outdone himself, taking us into the Cold War and the secret world of Oleg Gordievsky, one of the greatest spies of the twentieth century.

Like his father before him, Oleg Gordievsky was a faithful servant of the KGB and upholder of Soviet ideals. He was admired by colleagues for his dogged work ethic, and—while some resented his shrewdness and air of sophistication—the remarkable intelligence he was able to bring to his superiors made him an incredibly valuable asset. Gordievsky would rise through the ranks of the KGB to one of its most exalted positions as rezident of the Soviet embassy in London. But what no one knew—save for a few members of MI6—was that for over ten years, he was acting as a double agent for the West.

After one of his first postings for the KGB in Copenhagen, Gordievsky quickly became disillusioned with the idea of Communism and the Soviet state. He would offer up his services to MI6, and for years Gordievsky and his handlers engaged in a carefully calibrated game of espionage. The intelligence that he provided to MI6 would guide diplomatic relations between the UK, United States, and USSR to the end of the Cold War, as British Prime Minister Margaret Thatcher and U.S. President Ronald Reagan came to rely heavily on Gordievsky’s insights into Soviet intelligence and politicians. Gordievsky’s intelligence was so valuable that the CIA grew determined to know where such prized information was coming from. They secretly set up a task force to try to identify MI6’s spy, unaware that the agency’s own head of counterintelligence, Aldrich Ames, was himself a double agent working for the KGB. Gordievsky was betrayed, and just as the Cold War was beginning to thaw, MI6 would find itself in the nightmare scenario of having to exfiltrate a spy from deep within Russia.

Macintyre’s recounting of the harrowing attempt to secret Gordievsky out of Moscow reads like the very best pulse-pounding thriller. He has spent countless hours interviewing all of the key players—including Gordievsky himself, now almost eighty and living in a safe house under tight security in England—giving this astonishing figure his proper due.

With Russian spies in the news—hacking American elections or winding up poisoned in London—and the specter of Putin’s drive to return Russia to superpower status, THE SPY AND THE TRAITOR feels ripped from the headlines, a story of espionage and intrigue as terrifying and timely as ever.


[articles]
"Book review: The Spy and the Traitor," Stuff, March 17, 2019.


brochothrix3121 at 10:00コメント(0)

 俳優の舘ひろしさん、ずいぶん前からひそかに勘ぐっているんだけれども、正直言って、ちょっとその気、あるよね。案外、嫌いじゃないんだと思います。


brochothrix3121 at 01:00コメント(0)Blog

2019年03月19日

 ニュージーランドで発生したイスラム教徒への銃撃事件について、英MI5が極右組織と関わりがあるとして捜査している模様。

 ファーウェイ製品の利用に関する危険性ついて、7人の専門家が示した見解を紹介している。政府利用の禁止という方法が正しいかどうかについては必ずしも意見が一致しているわけではないが、危険性があることは専門家の大半が支持している。

 中国やキューバに勤務したことがある米国の政府職員(外交官やCIA局員など)の間で視覚過敏や幻聴、偏頭痛などに悩まされるケースが最近、相次いでおり、FBIが調査を開始したとのこと。住居へのマイクロ波攻撃の可能性が挙げられているが、現時点では科学的根拠は薄いという印象。

 米NSAと英GCHQが現在、共同で進めているサイバー上の脆弱性に関する公開プロセスにオーストラリアの通信情報機関、通信電子局(ASD)も参入することになったという話。

 ブルガリアのムラデン・マリノフ(Mladen Marinov)内相が訪米し、米FBIやシークレット・サービスの高官らと面会する予定とのこと。

 ブラジルのジャイロ・ボルソナーロ(Jair Bolsonaro)大統領が訪米し、米CIA本部をひそかに訪問していたことが明らかになった。南米諸国の問題について意見を交わした模様。

 以前、米国家偵察局(NRO)に勤務し、現在、IBM副社長のジュリアン・ガッリーナ(Juliane Gallina)氏が2019年4月からCIA情報統括担当官(Chief Information Officer)として赴任することが決定した。現在、そのポストにいるジョン・エドワーズ(John Edwards)氏は、3月中にCIA工作統括担当官(Deputy Chief Operating Officer)に異動する。

 トランプ政権は、前年比6%増にあたる約860億ドルの情報関連予算を議会に要求した模様。予算増の理由として、ロシアや中国に対抗するため、サイバー兵器や偵察衛星、軍事情報活動のコストが上昇しているとのこと。

 レバノン当局は、イスラエルのスパイ活動に協力したとして、レバノンとカナダの二重国籍を持つ男性(40)を逮捕した。この男性は、イスラエルのスパイ網「504班」(unit 504)に所属し、2013年からレバノンの政治組織ヒズボラや1986年に行方不明となったイスラエル人航空士に関する情報を集めていた。


brochothrix3121 at 21:00コメント(0)ニュース
ギャラリー
  • 集めちゃおうかな
  • ヨーロッパ=ドイツ
  • この人でなければ書けなかった
  • 「ええかっこしい」はいらん
  • 好きなんだからいいじゃん
  • 元KGB高官オレグ・ゴルジエフスキーのイギリス亡命劇
  • 真相は知らない
  • 大阪の人たちは閉塞感の打破を望んでいる
  • 西鉄でピザ釜搭載の列車が運行されるらしい
記事検索
アーカイブ
プロフィール

黄ふくろう

  • ライブドアブログ