黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

直接、言ったら怒られそうなんで

 

 最近、知人に勧められて、乃木坂46のシングルを色々と聴いておりました。正直、どの楽曲も歌い手の圧倒的な声量不足のせいで、まったく迫力がないというか、訴えてくるものがないなぁという印象を抱きつつ、詰まらんと思ったら適当にスキップして鑑賞していたわけです。

 しかもわりと歌詞には、甘酸っぱいニュアンスが込められているのに、楽曲だけクールに決められても違和感を拭えないというか、アツアツのお鍋にフルーツを具材として放り込んだらアカンでしょうという感じで、意外性のある組み合わせというよりも単なるミスマッチになっているように思ってしまいました。

 結局、その印象が変わることはなかったんですが、そういうことは全部、棚に上げて、「せっかちなかたつむり」という楽曲はなかなかいい感じに仕上がっているんじゃないでしょうか。

 言いたいことはたくさんあります。しかし一応、楽曲としては歌詞の世界観とシンクロしているし、メロディーラインも覚えやすいように作られています。アレンジでは、焦りや戸惑いで揺れる恋心をうまく表現できていると思います。それと圧倒的な声量不足が目立つボーカルですが、この楽曲に限ってはそれが歌詞の主人公が抱く心理的な不安定さを演出することにつながっていますね。

 ただ、サビの部分、ここがもっとも大事なのに、盛り上がりに欠ける作りになっているのはずいぶん惜しいところです。いや、乃木坂の楽曲全般に言えることですが、サビのインパクトがどういうわけか、弱いものが多いんですね。

 これはおそらく、何らかの理由によって意図的にそうしているんだろうと推測されますが、作戦としては正しくないように思います。とくにこの楽曲のように、可愛らしいポップスの場合、やっぱりキャッチ―なサビを置いた方が大分、印象が異なります。

 たとえば、サビに入ってすぐの「せっかちな~」のメロディーラインが下がるのであれば、次の「かたつむり~」のフレーズはメロディーラインとして上げるのがセオリーです。そうすると聴き手は、そのアップダウンに身を委ねて、自然とサビの盛り上がりに乗ることができます。

 現行では「かたつむり~」のメロディーラインも下がるので、せっかくサビに入ったのに、聴き手はいつになったら身を委ねることができるのか、待ちぼうけを食らったような感じになって、なかなか音楽的な快楽を得られないわけです。

 まぁ、そういうことをですね、ちょっと思ったもんですから、ここに忖度することなく書いておきました。勧めてくれた知人に直接、言ったら怒られそうなんで。


マイケル・ヘイデン元NSA長官、大いに語る



 1999年から2005年まで米国家安全保障局(NSA)長官を務めた、マイケル・ヘイデン氏が今年春、著書を出しまして、その内容を踏まえた講演の模様を収めた動画が公開されていましたので、貼っておくことにします。

 アメリカでは、情報機関のトップやトップを務めた人物がこうして一般の聴衆の前に出て、講演することが珍しくありません。個人的な印象として、これはとてもいいことだと思います。

 情報機関と言えども、ずっと陰に潜んでいればいいわけではありません。ちゃんと自分たちの活動を国民に説明し、理解を求め、支持されるように努力を払うことは当たり前でしょう。そういう努力を怠っておいて、国民は我々を理解してくれないといっても何をかいわんやと思ってしまいます。

 実際、日本では内閣情報調査室のトップや自衛隊情報本部のトップが一般の聴衆に向けて講演することなんて滅多にないでしょう。そもそも誰がトップなのか、ほとんどの人が知らないのではないでしょうか。

 しかし情報機関は、ともすれば、権力の手先となって国民生活に介入するおそれがもっともある組織です。

 もちろん国民は、情報機関の活動を現在、信頼しているわけですが、その信頼にあぐらをかいて、国民は知らなくてよいだろうと考えているならば、民主主義国の情報機関としていちじるしく意識が低いと言わざるを得ないし、その意識の低さが情報機関の不祥事を生み、民主主義の根幹を揺るがす政治的混乱を引き起こすことになります。

 日本も近く、こういう場で情報機関のトップが語れるようになるといいのですが、なかなかそういう雰囲気にはならないですね。アメリカの民主主義が成熟していると褒めたたえるつもりはないですけど、少なくともこの点に関しては、日本はあまりにも遅れていると思いますね。


為替相場は米中間選挙後も安定志向

 

 大方の予想通りでしたけど、アメリカ議会の中間選挙は、上院では共和党、下院では民主党が過半数を得る結果になりましたね。なんといってもアメリカ経済の調子がいいので、共和党がボロ負けすることはないと見ていた人は多かったでしょう。

 リベラルがいくら頑張ってトランプ大統領の女性蔑視を争点にしようとしても、感情的な反発だけで政局が動くことはありませんから、ねじれ議会であっても、おそらく政権運営において深刻な事態に直面することはないと思われます。

 それはそうと、米中間選挙後の為替レートに関しても、大きな動きにはなっていないようですね。ドル建て預金が少々あるので、今回の選挙結果で円高に向かったら嫌だなぁと思っていましたが、当面は小幅な動きで収まりそうな感じです。

 今後のポイントは、米金利引き上げの打ち止めがいつ行なわれるかというところにありますが、年明けの見方が強いようです。しかしまぁ、あくまで観測ですから、確実なことは誰にも分かりません。


来年度は忙しくなるかもしれない

 色々な人たちからサポートしていただいたおかげで、もしかすると来年度はずいぶん、忙しくなるかもしれない。

 忙しくなることは良いことだ。少なくとも暇になることよりも、はるかに良いことだ。動いてくれた人たちには感謝するしかない。本当にありがたいことです。

 しかし、だからといって給料が上がるわけではない。これがなんとも口惜しいところだ。

 いや、正直に言うとまったく上がらないわけではなくて、そりゃ少しは上がるんだけど、ほとんど上がらないといってもいいレベルなんだな、これが。おいおいアベノミクス、こっちまで行き渡っていないじゃないかと文句のひとつも言いたいところであります。

 ただ、現状としてまだ、確定段階ではない。やっぱりなかったことになるかもしれない。それは非常に残念な話だけれども、仕方ないといえば仕方ない。こちらから何か働きかけて、どうにかなることでもないから、今までの努力を客観的に見てもらうしかない。自分では結構、頑張ったつもりだけど、評価は他人がするものだから。

 それにしても楽チンに仕事して、なかなかの給料を取っている人もいるから世の中ってやつは、平等ではありませんなぁ。一応、人前で喋る仕事なんで、こちとら事前にちゃんと準備して、話すネタを考えて臨むわけだが、適当にビデオを見せて、感想文を書かせて終わりみたいな人が本当にいるんだもの。

 それで何が悲しいかといえば、評価アンケートでは案外、そういう人の方がいい結果になっていたりするのね。単位が楽勝で取れるから。

 もっともそういう不条理は、音楽の世界でも相当、手間暇かけて作った曲が売れなくて、鼻歌交じりでお気楽に作った曲が売れたりするもんですから、どこの世界でもあることなのかもしれません。

 でもまぁ、何か心に残るように、こちらのメッセージが伝わるように一生懸命、喋って、一人でもそういうことを受け止めてくれていたら嬉しいなぁということを、せめてもの誇りとして頑張るしかないということですな。生きるっていうのは、そういうことですな(……と強引に自分を納得させて締める)。


ラーメンはチェーン店でいいじゃない

 自分の好みを他人に押し付けるのは良くないですけど、ラーメンは多分、醤油豚骨のスープがもっとも好きです。じゃあどこのラーメン屋がいいのかという話に一足飛びになってしまいますが、ラーメンに関してはあんまりよく分からないし、詳しい人がごまんといるので、御託はそういう人たちにお任せします。

 したがって近所のラーメン屋ということでいえば、ラーメン横綱が醤油豚骨のスープで美味しいと思うんですね。私の周囲にいるラーメン通にアドバイスをもらうと、チェーン店ではなく世間ではあまり知られていないようなマイナーなラーメン屋ばかりやたらと紹介するんですけど、それってちょっと違うと思ってしまいます。





 チェーン店として広く大衆の胃袋を掴むことができているラーメン屋さんは、やっぱり相応の味をキープしていますから、いつ食べても美味しいです。以前、先輩に連れていかれたラーメン屋は、ほとんど屋台のようなところでしたけど、正直に言って、衛星上、どうかと思うところが目立ちましたし、そりゃたしかに、値段は安いけれども、プライスレスの部分で満足できない要素があるよねという感じがして、馴染めなかったですね。

 もちろん、人によって好みがありますから、必ずしも自分の嗜好が正しいというつもりはありません、しかし、やっぱり最低限の水準として、ここで女の子とデートして、会話を弾ませることができるかというのは、そりゃ本人の力量によるところが大きいとはいえ、人にお店を紹介するときに結構、大事な指標ではないかと思うんですね。やっぱりね、場末の雰囲気が出るところはなるべく避けたいものです。

 その点でチェーン店は、さすがにそういう雰囲気を感じるところではないですから、安心できます。ときどき餃子の王将で、そういう店舗を見かけますけど、大抵のお店は小ぎれいにしていることが多いです。小汚いところは嫌なんです。


ギャラリー
  • 塩レモンを使ったパスタ
  • 本当に遊びに行く暇がない
  • 怒涛の忙しさから一段落
  • 12月、12月ですよ
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 引き金は会長の待遇ではないだろう
  • 音符を両手ですくい取りながら歌うイメージ
  • 無理しない、無茶しない、ムキにならない
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ