黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

ピザの歴史は思ったよりも浅い

ヘルストスキー_ピザの歴史















 やっぱりピザ好きとしては、ピザに関する薀蓄の一つでも知っていないといけません。ただ漫然と、ピザを食べているだけでは人間、成長がありません。しかし、そうかといって、薀蓄をひけらかすのはよくありません。あくまで嫌味がないように、さらっとそれとなく言うのがよろしい。ドヤ顔なんて決めるのは、かえって無粋でしょう。

 そこで薀蓄といえば、歴史から入るのが王道です。残念ながらピザの歴史について詳しく書かれた本は、日本語ではあまり見かけないんですが、この本はピザの歴史について大まかにまとめられている点で有益なものになっています。

 なんとなくピザは、その作り方が簡単なことから、古代ローマから存在している料理というイメージがあります。もちろん、それに類する料理はあるようなんですが、今のピザの原型に近いものは、18世紀からです。しかも当時はまだ、ナポリの労働者階級が食べるファストフードという位置づけであり、イタリア全土にピザが広まるのは第二次世界大戦後になります。思ったよりもピザの歴史は浅いんですね。

 その後、大戦時、南イタリアに駐屯していた米軍の兵士たちがピザを大変、気に入って、それを母国に持ち帰ったり、あるいはアメリカにやってきたイタリア系移民がピザをニューヨークで売り始めたりしたおかげで、ピザはアメリカで大いに受け入れられることになりました。現在も世界最大のピザ消費国はアメリカで、その量は1年に10億トンを超えるほどだそうです。

 しかし、それは一方で、ピザのチェーン店展開を推し進めたことで、画一化・規格化されたピザを大量生産することになりました。ピザは本来、自由な食べ物であり、何をトッピングしても何をソースに使っても構いません。地域ごとに地元の食材を使ってピザを食べるのがオーソドックスなスタイルなのですが、いつでもどこでも同じピザが食べられることによって、ピザの多様性を奪うことにつながりました。

 そこで近年、ピザの伝統的なスタイルを取り戻そうということで、「真のナポリピッツァ協会」という団体が設立され、ナポリピッツァの伝統技術を後世に伝えるとともに、その趣旨に賛同する店を認定する活動を行なっています。また、イタリアからピザ窯を直輸入で備え付けられるようになったことで、日本でも本格的な窯焼きピッツァが食べられるようになりました。

 色々と細かい話やエピソードが詰まった本ですから、ピザ好きであるなら手元に置いておきたい一冊ですね。これであらためて勉強することができます。


すべては2回のサビ転調のためにある

 


 今月12日、2018年10月24日発売予定になっているモーニング娘。'18の66枚目シングル「フラリ銀座/自由な国だから」から「自由な国だから」(Promotion Edit)のMVが発表されました。

 まだ数回しか聞いていないので、細かいところまではきちんと把握していないんですが、そりゃあ、「フラリ銀座」に比べれば、こちらの方がいいでしょう。「フラリ銀座」は、ファンの間ではわりと好評らしくて、とくにMVでは、メンバーをうまく撮ることができているとのことなんですが、楽曲に関してはどこをどういじればいいのか、ちょっと分かりづらいところがありましたからね。

 その点で「自由な国だから」は、従来のEDM路線の流れを汲んだ楽曲であり、最近のモーニング娘。の楽曲に親しんでいる人たちからすれば、方向性そのものはよく知るところだと思います。

 この楽曲でとくに印象に残ったのは、サビの扱い方ですね。冒頭からサビで入るわけですが、その後、Aメロ、Bメロと来て、ここから一気にサビで盛り上がるのかと思いきや、実に抑制的なアレンジになっているんですね。そしてまた、Aメロ、Bメロときて、間奏を挟んで、今度こそサビでドカンとくるのかと思いきや、ここでも抑制的なアレンジになっています。

 そして転調をともなって再びサビが来るんですが、ここで大きな盛り上がりを作っておいて、さらに2度目のサビ転調によってその盛り上がりを一層、大きくするという構成です。つまり、この2回にわたるサビでの転調に向けて、楽曲構成が組まれているということになります。だから、楽曲の後半がやや長い作りになっておりまして、それが若干、聴き手に間延びした印象を与えるかもしれませんね。

 MVに関していうと、小田ちゃんを中心としたカット割りになっていますが、えりぽん(生田衣梨奈)がいよいよ来たなという感じです。それと正直、制服コスチュームは今や手垢がつきすぎて、相当思い切った演出があれば別ですが、当分、採用しない方がいいと思います。


読むに値しないようなものばかり

 元AKB48の女の子が今度、小説家としてデビューするそうです。


 まぁ、いいっちゃいいんですけどね。大体、最近はめっきり小説を読むこともなくなりましたし、どういう作品が好まれているのか、興味すらありません。

 それにどうせ、あれでしょ? 描かれる世界なんて所詮、身の回りの話に尾ひれ羽ひれつけたようなもんでしょうし、おそらく心象風景もどこにでもある、誰にでも感じる、ありきたりなものばかりでしょ? 純文学系の作品なんて、いつの頃からかそんな読むに値しないようなものばかりになってしまいましたね。

 大体、吉本ばなながチヤホヤされるようになった頃くらいから、純文学は完全に読まなくなりました。昔、同級生の女の子が「これ、絶対面白いから読んでみて!」といって貸してくれたのが『TSUGUMI』で、実際に読んでみたらこれが1ミリも面白くなかった。「こんなん、ただの日記やないか……」と内心、思い、今の純文学ってこの程度かと思うと、夏目漱石や井上靖、遠藤周作あたりで育ってきた人間としては、ただただ愕然するほかなかったことを覚えています。

 しばらくして、その女の子が「どうだった?」と聞いてきたときの心苦しかったこと。でも、率直に言いましたよね、「あんなもん、ただの日記やないか、透明感のある文章じゃない、単に行間を埋める文章力がないだけや」と言ったら、何だかとても怒っちゃいまして、あぁ、感性の違いというのはやっぱりあって、それが違うと人間って分かり合えないんだなぁとそのとき、気づきましたね。実里ちゃん、今にして思うと可愛い子だったなぁ。きっと気に入ってくれると思って勧めてくれたのに、悪いことしたなぁ。

 まぁ、実里ちゃんのことは昔の話なんで、気にしなくてもいいんですけど、ともかくそういう感じで、あの時代、椎名桜子とか何だかよく分からない作家が出てきて、ちょうどバブル経済華やかりし頃ですから、ミソもクソも何でもありだったわけです。しかし、その頃から文芸作品の力が明らかに弱くなって、今や出版社が芸能人にすがるまでに落ちぶれてしまったということなんでしょう。担当編集者の方、ご苦労さまです。


ぬくもり、いい言葉じゃないですか

 『北斗の拳』で出てくるキャラクターのなかでは、なんといってもサウザーが好きなんですよねぇ。誰よりも愛深きゆえに愛を捨てた男……あまりにも切なすぎるじゃありませんか。

 もともとサウザーは、極悪非道な人間ではなく、むしろ、孤児であったサウザーを自分の後継者として育ててくれた南斗鳳凰拳の伝承者、オウガイ先生への深い愛情にあふれた少年でした。

 しかし、サウザーが15歳になったとき、修行の一環として目隠しをしながらの真剣勝負を初めて行ない、倒した相手がまさかのオウガイ先生という衝撃的な出来事に見舞われます。

 身を引けば拳を交わすことができたはず、なぜ交わしてくれなかったのかと責めるサウザーに対してオウガイ先生は、交わすにも交わせなかった、南斗鳳凰拳は一子相伝であり、新しい伝承者によって倒されるのは宿命だと諭した上で、「わしに悔いはない、わしはお前の瞳のなかに極星、南斗十字星を見ていたのだ」と言い、息を引き取ります。

 誰よりも深く尊敬し、誰よりも深く愛していたオウガイ先生を、自分自身の手で殺めてしまったこと。それが南斗鳳凰拳を伝承する人間の宿命であったとしても、まだ若いサウザーにはあまりにも過酷な試練でした。サウザーは激しく慟哭し、「愛がこんなに悲しいのなら、愛がこんなに苦しいのなら、愛などいらぬ!」と心に決めたのでした。




 「愛ゆえに人は悲しまなければならぬ、愛ゆえに人は苦しまなければならぬ」 サウザーにとって愛とは、オウガイ先生を殺めてしまった自分への罪悪感をよみがえらせるものだったのかもしれません。南斗鳳凰拳伝承者として、その宿命を負って生きるためには、愛を否定せずにはいられなかった。おそらくそうしなければ、自我を保つことができなかったのだろうと思われます。

 しかし、ケンシロウとの対決に敗れたサウザーは、そこで愛は悲しみや苦しみだけでなく、ぬくもりもあったはずだとケンシロウに言われ、そのことに気づかされます。そして聖帝十字陵に安置されているオウガイ先生の亡骸にすがり、「もう一度、ぬくもりを……」といって息絶えるのでした。

 


 これはなかなか、いいシーンですよ。ぬくもり、いい言葉じゃないですか。たしかに心から愛する人と、肌と肌を合わせたときに感じるものは理屈じゃないですからね。至言といってよいでしょう。

 サウザー担当の声優、銀河万丈さんがまた、うまいんですよねぇ。ガンダムファンからはギレン総帥担当の声優さんとして知られていると思いますが、北斗の拳でも存在感を大いに発揮しております。


感想アンケートを見て思うこと

 人前で話す仕事がありまして、事前に色々とネタを考えて1時間強、喋り続けるんですけど、終わった後、いつも感想アンケートを回収するんですね。聴講者の方から結構、率直な感想や意見、質問なんかが寄せられるので、個人的には参考にさせてもらっています。

 ただ、真逆のことがアンケートに書いてあるとやっぱり困惑しますね。たとえば、「内容は難しかったけど、とても分かりやすく説明していただいてよかったです。次もぜひ聞きたいです」とアンケートに書いていたりなんかすると、いやぁ、嬉しいなぁ、頑張らなくちゃと思ってニコニコしちゃいますね。その一方で、「分かりにくかった。今度はもっと説明の仕方を工夫してほしい」と辛辣なコメントがあったりなんかすると、ありゃま、怒られちゃったと凹んじゃいます。そして一体、どちらを信頼したらいいのかしらと戸惑ってしまうわけです。

 そんなことを別室で同僚の人と喋っていたら、その人曰く、そんなアンケートなんて気にしちゃだめよ、答えている方も真面目に書いているわけじゃないからさとアドバイスしてくれたんですね。う~む、そういうもんなんですかねぇ。

 たしかに昨今、スライドを使ってプレゼンするのが当たり前になっているなか、今もなおレジュメを紙に印刷して配り、それをもとに話すというオールド・スタイルでやっているので、そういうスタイルに慣れていない若い人たちからは、もっと図や写真、動画を使って説明してほしいと言われます。そう言われる自覚はありますし、これはもうスタイルの問題なので今後、改めるつもりはありません(大体、パソコンのスライド作りが嫌いなんです)。

 あとは話し方の問題ですね。なるべく話す前はテンションを上げて、気分が乗った状態で話すようにしています。こちらのテンションが上がっていないと、聞いている人たちの気持ちを引っ張っていくことができませんからね。ただ、調子づくと早口になる傾向があるので、そこはなるべく意識して、そうならないように気を付けているつもりです。

 印象では、女性の方がしっかり話を聞いてくれている感じですね。決して女性が食いつくような話題を取り扱っているわけではないんですが、根が真面目な人が女性には多いんでしょうね。ノートを取っていたり、感想アンケートに質問や意見をきちんと書いてくるのも女性の方が多いように思います。

 その点で男性は、ものすごく食いついてくる人とそうでない人の差が激しい。ものすごく食いついてくる人は、終わった後も居残ってもっと色々聞きたいといった感じで話しかけてくるんですけど、そうではない人はホント、さっぱりしています。

 でもまぁ、とりあえず女性に嫌われないように話すのが大事かなと思いますし、今のところ、嫌われている感じではないので、今のスタイルのままでも大丈夫かなと高をくくっております。


ギャラリー
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 急成長した会社は急降下する
  • 結局、煩わしいのは身の回りの問題
  • バイク番組を見て欲求を解消するのだ
  • マイケル・ヘイデン元NSA長官、大いに語る
  • 為替相場は米中間選挙後も安定志向
  • ラーメンはチェーン店でいいじゃない
  • 明太子パスタは誰も美味しく作れる
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ