黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

2018年03月

今も昔も大して変わらない

武田知弘_戦前の生活











 近頃、戦前の庶民生活や社会風俗について取り上げたものをよく見かけますね。今の時代、それほど戦前に興味を持つ人がたくさんいるとは思えないのだけれど、おそらくNHKの朝ドラなんかでやたらと戦前・戦中の日本を舞台にするものだから、あの時代の人たちはどんなふうに生活していたのかしらと疑問に思う人がいるのかもしれない。

 あるいは、戦前といえば特高警察が庶民に対して政治的な弾圧を加える暗黒時代であるかのように描かれることが多いんですね。しかし、実際はそうではなく、娯楽もあればスキャンダルもある、決して大らかさを失っていた時代ではないことを確かめるにはちょうどいい歴史的な素材を提供してくれるのかもしれません。

 この本の内容もそうなんですけど、今も昔も人間の良しあしなんて、それほど大して変わるものじゃない。下らない人はいつの時代にもいたし、下らないことで人びとは日々の生活を面白おかしく過ごしたり、それを見聞きして驚いて見せたりしていたわけです。

 今だってそうかもしれませんよ。科学技術が進歩したとしても、人間そのものが進歩したかどうかは分からない。せいぜい変わったのは平均寿命くらいなもので、テレビをつければ、相変わらず不倫だ、汚職だと、大騒ぎしているんですからね。居丈高に「戦前は遅れていた」とか「戦中はひどかった」とか言えるものではありません。



メディアの情報リテラシー低下が心配

フェイクニュースの見分け方













 フェイク・ニュースを見分けるといってもねぇ。日々のなりわいで忙しい人たちにとって、それはなかなか難しい話だと思うんですよ。

 この本のなかで「発信者を疑え」とか「根拠不明の情報は捨てろ」など、そのコツが色々と書かれていますけれど、ほとんどの人は論文やエッセイを読み比べたりしませんし、事実関係をいちいち細かくチェックしたりすることもありません。一読して「そうなのかな」と思って大抵、それで終わりです。

 でもそれは、別に人びとの情報リテラシーが低いからとかそういうことではなくて、メディアがちゃんと情報の交通整理を行なっていると考えているからでしょう。そして、その仕事に対してみんな購読料を払っているのだから、メディアはきちんと仕事すべきだという話なんですよね。

 メディアの情報リテラシーが落ち、フェイク・ニュースがあふれるようになったことで、個人がみずからそのリテラシーを高めて対処するしかないというのは、たしかに正論です。しかし、やはり問われるべきはジャーナリズムよりもコマーシャリズムを優先するメディア側のモラル低下にあるのではないでしょうか。

 メディアには今後も、国民の知る権利を代行するという重要な役割を担ってもらわないといけない。国民は何か起きても、ことごとく情報をフォローし、自分の頭で考えるほど世の中の動きに夢中ではないし、大体そんな暇がないわけです。

 安っぽい偽善や無駄な正義感を振りかざすことがメディアの信頼を回復することにつながっていないのだから、とくにリベラル系のメディアに関しては、その方向性をもう一度、考え直した方がいいのではないかと思いますね。


余計なことは言わない方がいいね

 何というかね、言わなくていいことは言わない方がいいよね。

 今日もふらっと立ち寄った先で、たまたま馴染みの店員さんがいて、思わずうれしくなって下らないことをあれこれしゃべって、小一時間くらい油を売ってしまったんだけど、そういうことはなるべくしない方がいいですなぁ。

 下らないことをしゃべっていると、ついつい余計なことまで言ってしまい、のちのち良からぬ噂の火元にされることがある。そうでなくても、そもそも男のおしゃべりはあまり上品ではないし、そのようにしゃべっている様子は他人から軽く見られる原因になる。

 「愚者は教えたがる。賢者は学びたがる」という言葉があるらしい。こういうことを普段から意識することなく実践できるように心構えを改めていきたいものだ。
 

はじめに

CIMG2574











 今日からブログを開始します。

 このブログは、誰のためでもなく、ほとんどすべて自分のために、取り留めのないことを取り留めもなく書くことを趣旨としています。まぁ、ごく簡単に言えば、日常生活のなかでとっているメモ書きのようなものですね。

 日常生活に役立つ情報を紹介しているわけではありませんし、知的好奇心を刺激するような面白い話が書かれているわけでもありません。

 また、最近だと写真や動画、マンガなどを使って分かりやすく、しかも読んで楽しい記事を掲載するブログがたくさんあるようですが、このブログは、いわゆるアフィリエイトに関わっているわけではないので、そのような愛想のいい記事は書いていませんし、書く技術もありません。

 あくまでも思いつくままに書いていますので、ブログとして全体を統一するようなテーマもありません。繰り返すようですが、日記代わりに書いているので、その時々の気分や周辺の出来事によって取り上げるトピックもいろいろ変わります。

 そういうわけで、誰がこのブログを読むのか、そもそも読まれているのか、まるで雲をつかむような感じですけど、ともかくはじめの挨拶ということでよろしくお願いいたします。


ギャラリー
  • 怒涛の忙しさから一段落
  • 12月、12月ですよ
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 引き金は会長の待遇ではないだろう
  • 音符を両手ですくい取りながら歌うイメージ
  • 無理しない、無茶しない、ムキにならない
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ