不思議なもので、虫の知らせではないけれど、そろそろ卒業するのかなというメンバーはなんとなく分かるんですよね。

 はーちん(尾形春水)もなんとなくですけど、そう遠くない時期に卒業しそうな雰囲気だったので、今日、卒業の発表を聞いたときはショックだったと同時に、やっぱりそうだったかという気持ちもどこかにありました。

●モーニング娘。'18 尾形春水の卒業に関するお知らせ(Hello! Project 2018年3月27日)

 初めての大阪出身のメンバー、しかも漏れ伝わるところによると、実は通っていた高校がご近所さんということもあって、ご本人とはまったく関係のないところで親近感を覚えていたのですが、今後は短大に進学し、いずれは4年生大学への編入を目指すため、学業に専念するとのことです。

 言葉の選び方がとてもうまかったから、地頭の良さはファンであれば誰もが知るところだったでしょう。また、自分の性格を飽き性だと語る一方で、フィギュアスケートをやっていたことからどこか芯の強さを感じさせるところがありました。実際、2017年の段階で大学を受験し、そこで合格に至らなかったことからその後、モーニング娘。の活動と並行して受験勉強を続けて、今年、一般入試で見事、合格を決めたことは、さすがというしかありません。

 正直、向き不向きということでいえば、これから先も歌やダンスの世界で勝負することは難しかったと思います。大学進学をきっかけにしてその世界からの卒業を決めたことは、本人の志望もさることながら、賢明な判断だったというべきでしょう。

 しかし、飯窪さんへのいじり(黒はんぺん、変なコルセット)がもう聞けないのか、「TIKI BUN」の個性的なダンスが見られなくなるのか、それに今後、ちーちゃんの相手は誰がするんだ、かえでぃーへの愛にどう落とし前をつけるんだ、などなど、やり場のない気持ちがあることもまた、否定できません。

 とはいえ、加入してから3年半という比較的短い在籍期間ではあったけれども、たくさんの思い出を残してくれたはーちん。卒業まであと3か月ありますが、卒業した後もどうかその名前に違えることなく、美しく清らかな人生を送ってほしいと心から願うのであります。

●モーニング娘。尾形春水、大学合格に伴ってグループ卒業(音楽ナタリー 2018年3月27日)

●モーニング娘。’18 尾形春水が卒業を発表。今後は学業専念(BARKS 2018年3月27日)

●モー娘。尾形春水、学業専念で今春卒業 6・20武道館がラストステージ(Oricon News 2018年3月27日)