野澤道生_やりなおし高校日本史















 高校では理系選択だったので、日本史といえば内職の時間という不届きな学生でした。そのため、学校で日本史がどのように教えられていたのか、いまいち記憶が定かではありません。

 それでもはっきり覚えているのは、政治制度の仕組みや時代ごとの文化・風俗の違いなどについて、やたらと細かい知識を暗記させられたことですね。期末考査が近づくと、山川出版社の一問一答問題集を開いて、とりあえず知識だけは詰めておこうと頑張っていたことが懐かしいなぁ。

 そういう有り様でしたから『やりなおし高校日本史』というタイトルの本なんですけど、あんまりやり直した気分にならないというか、「なるほど、今の高校生はこんな感じの日本史を習っているのか」という印象を得たにすぎないというのが正直なところです(もともと高校で、日本史をきちんと勉強していないですからね)。

 学校では真面目に勉強しなかったんですが、その後、色々ないきさつで日本史の研究を普段からフォローしなければいけない生活を送ることになったので、研究者の間で繰り広げられている論争などを知っている立場からすれば、この本に目新しい内容はないといって差し支えありません。

 しかし、学校で以前、習った日本史しか知らない人からすれば、ずいぶん雰囲気が変わったと感じるかもしれませんね。

 とくに従来、国内の要因だけで説明されてきた歴史的な事象について、国外の要因や視点を加味することが増えたという点は、目を引くところでしょう。そのおかげで、日本の歴史を客観的な立場から見ることができるようになると同時に、それが国際社会との関わりのなかで形成されてきたことがイメージしやすくなると思います。

 ただ、やはりというか当然というか、近現代史の記述は薄いです。今もなお論争が続いていることもあるでしょうが、この時代の歴史的な解釈については、どうしても語り手の政治的な立場が反映されてしまうので、深く言及しない方が学校における政治的中立性を保つためには賢明といったところでしょうか。

 また、歴史は暗記科目ではない、その解釈を楽しむものだというスタンスをとっているのはいいんですけど、歴史的な解釈のスケールが個別の出来事や人物で完結し、日本史全体を貫く歴史観まで提示していないところにも、やや不満が残ります。その点、もう少し明示的であってもいいように思います。