日大アメフト部の選手による殺人タックルの件、連日のように大手メディアが取り上げていますけど、どうして同部の前監督がこれほど大きな権力を持っているのかという点について、日大の常任理事であるという指摘を除いて、踏み込んだ分析や考察を加えているところはありませんね。どうしてなんでしょうね。

 監督が大学の常任理事を兼任していたら、選手は監督に対して絶対的な忠誠心を持つでしょうか。持たないでしょう。そういうもんじゃない。もちろん、大学のお偉いさんということで気は遣うでしょうけど、選手全員が監督に対して盲目的に服従するということはありえないはずです。

 では、なぜそのような状況が生まれるのかと言えば、早い話、監督がアメフト部員の就職に関して、斡旋や口利きをしてくれるからでしょう。当然、監督に対して逆らったり反抗したりすれば、その斡旋や口利きをしてもらえません。だから選手は、監督の機嫌を損ねないように、たとえ理不尽な指示や指導であっても言うことを聞き、従順な態度を示していたということです。

 そのように捉えれば、なぜ監督がアメフト部内で、絶対的な権力者として振る舞うことができたのかという疑問を大方、解くことができるのではないでしょうか。常任理事とか日大ナンバーツーとかいうのは、今回の件に関する議論の本質から外れていると思いますね。

 もちろん、監督のやり方に納得できないならば、退部という選択肢もあるでしょう。しかし、年がら年じゅうアメフト三昧、アメフトしかできない、アメフトしか知らない、いわゆる「スポーツバカ」みたいになってしまった部員たちにとって、部を退いた後、大学の勉強に付いていくことができるかといえば、それは相当、難しいと言わざるを得ません。とくにスポーツ推薦で大学に入ってきた学生のなかには、信じられないかもしれませんが、法学部在籍なのに憲法の「憲」の字が書けないという者がいますし、経済学部在籍なのに分数の計算ができない者がたしかに存在します。

 そうした面々は、部活動の特赦によって単位が認められてきましたが、部を辞めたらその特赦に与れないので、単位を取得することができません。頑張って自分で勉強しようと思っても、その習慣がないからどうしていいのか分からない。じゃあといって授業を聞いてもチンプンカンプン。結局、遅かれ早かれ、大学を去ることになります。

 したがって、彼らにとって部を辞めるという選択はありえません。それはすなわち、大学を辞めることと同義です。日大アメフト部の前監督が「部を辞めたら大学も辞めさせる」と発言していたそうですが、あながち出鱈目な話ではありません。多くの部員たちがそういう境遇にあることを彼は知っていたのでしょう。

 思うに今回の件で、日大アメフト部の指導体制に問題を矮小化するのではなく、大学における体育会のあり方まで視野を広げて議論してほしいですね。同じような構図は、日大以外の体育会系の部活動にも当てはまる部分があると思いますし、その構図自体、大学という教育機関のなかにあって望ましいといえるのか、甚だ疑問に思うからです。

 その点で、関東学生連盟が日大アメフト部に対して、今季の公式試合について出場停止処分としたことに関連して、青学大陸上部の原晋監督が次のようにコメントしておりまして、まったく同意見であります。

「一定条件で処分解除というお話がありますけども、私はチーム内で積極的に話し合う、さらには相手チームに対しても話を持っていく。さらには学生スポーツは学習が必要なんですね。ただ、勝った負けた勝利至上主義がうたわれていますけど、ちゃんと授業に出て単位もしっかり取っているのかということも条件解除のキーワードになると思う」