7月18日発売予定となっている、つばきファクトリ―のトリプルA面シングル「デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい/純情cm(センチメートル)/今夜だけ浮かれたかった」から「純情cm(センチメートル)」(Promotion Edit)のMVが公開されました。

 いい歳になってくると、こういう青春ラブソングを聴くのは結構、気恥ずかしいものがあったりするんですけど、勝負のポイントはそれがどのくらい同世代の人たちから共感を得ることができるかというところにかかっていると思うんですね。

 友達以上恋人未満をテーマにした歌詞は、過去に掃いて捨てるほど存在しています。そのなかで今回、スマホを題材としつつ、その光景を描いているわけですが、率直に言えば、平凡な切り口で無難な仕上がりといった感じです。もちろん、それが悪いということではありません。しかし、面白いかと聞かれたら手堅い作りには感心するけれど、もっと挑戦してほしいなぁという気持ちを覚えることは否めません。

 いつも思うんですけど、こういうテーマの歌詞に登場する片思いの相手は、びっくりするくらい鈍感なんですね。でも、実際には「ふいに肩を強く引き寄せられ ぎこちなくなる」くらい主人公の恋心が態度に現れてしまっているのに、まるでその気持ちに気づかないということはありえないでしょう。

 仮にそのとき、片思いの相手が気づいていなくても、周囲の友人たちは絶対、気づいているはずです。当然、主人公がいない同性同士の仲間で集まったとき、「アイツ、お前のこと、気になっているんじゃない?」という会話があったとしても何ら不思議ではない。

 この仮説が成り立つなら、おそらく片思いの相手は主人公の気持ちに気づいている可能性が高いわけです。それにもかかわらず、何らかの理由によって友人の立場を守っている。歌詞のテーマとしては、むしろそちらの方が興味深いというか、微妙で複雑な感情が揺れ動く青春群像のリアルさが描けるのではないかと思うんですけどね、どうでしょうか。