日本発祥のパスタといえば、やっぱりナポリタンでしょう。イタリア人からすれば、トマトソースではなくケチャップを使うことに相当、強い違和感があるらしく、「あんなもん、パスタじゃない!」と不評を買っているようですけど、食べたら分かる、美味いもんは美味い。

 ただ、ナポリタン自体、きちんとしたイタリア料理店のメニューに入っていることが少ないので、本当に美味しいナポリタンには思いのほか、出会っていないかもしれません。そもそも普段、ナポリタンを食べる機会というのは、家で作ったときか、喫茶店かファミレスに入って注文したときか、コンビニの弁当コーナーで買ったときくらいでしょう。

 ナポリタンのレシピを見ると、実にさまざまです。基本的な手順としては、野菜やソーセージを炒め、茹で上がったパスタを投入し、ケチャップで味付けするということなんですが、作り方がシンプルであるがゆえに、人それぞれの工夫ポイントや隠し味があって、レシピの内容はどれも微妙に異なっています。

 たとえば、工夫ポイントの一つとして、ケチャップの酸味をどのように和らげるかという点があるんですが、割とよく見かけるのは、フライパンに入れるバターを多めに使う、あるいは、パスタを投入する前にケチャップを入れて焦がすといった方法です。しかし、これらの方法だと、仕上がりが油でギトギトになりやすいし、ケチャップを焦がすと風味が悪くなって美味しくありません。

 おそらく最善の方法は、動画のように生クリームを少し投入することだと思います。生クリームが手元にないときは、牛乳で代用できます。この方法だと、ケチャップの酸味がいい感じで和らぎますし、コクもきちんと出ます。味わいが全体に優しくなるので、バターを使う方法よりもずっと食べやすい仕上がりになるはずです。ご存知ない方は、ぜひ試してみてください。