先日、渡辺美里の「青空」について少し触れましたが、これまで渡辺美里というアーティストに関して、きちんと論じたものがなかったように思うんですね。

 もちろん、キャリア30年以上にわたるベテランであり、今もなお、現役のアーティストとして楽曲発表やライブなど、精力的に活躍しています。また、色々なミュージシャンがそのパフォーマンスの素晴らしさを称賛しています。とくにその歌唱力の高さは誰もが認めるところで、それが端的に表れているのは、渡辺美里の「君が代」独唱でしょう。

 「君が代」は、日本の国歌でありながら知る人ぞ知る、難易度の高い歌です。ブレスをどこで入れるのか、長音で構成されたメロディーラインのどこに抑揚を付けるのか、出だしと終わりの余韻をどのように演出するかなど、シンプルな楽曲であるだけに、歌い手の力量がこれほど問われるものはありません。

 以下の動画は、2011年のキリンカップサッカー「日本対チェコ」の試合に先駆けて行なわれた、渡辺美里の国家独唱です。


 

 出だしからしてフラフラせずに、メロディーラインをしっかりと受け止めるようにして入り、その安定した歌唱を維持しつつ、無理に個性を出そうとせず、余計な抑揚をつけることなく、そのメロディーラインを淡々と辿りながら、国歌として湛えるべき威厳を保って歌い終わるという、まさに国歌独唱にふさわしい歌唱を披露しています。

 しかし、ヴォーカリスト(歌うたい)としてこだわってきた楽曲のクオリティー、そこに込めたメッセージや主張など、もっと音楽的な部分に目を向けて、彼女の創作活動について真面目に、きちんと批判も含めて、考察したものがほとんどないように思うんですね。

 個人的な印象として、渡辺美里というアーティストはもっと評価されるべきだと思っています。しかし、それがファンの目線として贔屓目になってしまったら面白くないでしょう。できるだけ客観的・中立的な視点を守りつつ、渡辺美里というアーティストについて考えてみたいんですよね。

 ただ、ファンクラブに入っているわけではないですし、ライブに参加してパンフレットを毎回、手に入れているわけでもないので、資料的な制約があることはやむを得ません。できることならチェックしたいところだけど、こればかりはいい機会に恵まれないと難しいでしょうからね。

 そのため、どこまで踏み込めるかは分かりませんが、とりあえず断片的に考えるところから始めて、いずれそれらをまとめるように持っていきたいなと思っています。ただ、あくまでも趣味的なことですから、不定期に進めるつもりです。