そろそろ秋らしい食材を使って、パスタを作りたいという衝動に駆られています。いくら残暑が厳しいからといって、冷製パスタばかり食べるわけにいきませんしね。

 秋らしい食材といえば、やっぱりキノコでしょう。キノコとパスタは相性がとても良くて、どういうソースでも合うと思いますが、和風パスタにすると一層、秋らしい感じになるでしょう。




 この動画では、キノコを使ったオーソドックスな和風パスタの作り方が紹介されています。ひと手間ポイントとして、具材をある程度、炒めたら昆布茶の粉末を入れるというアドバイスがありますが、それよりもバターを加えるという工程の方がポイント上、重要でしょう。バターはキノコだけでなく、和風パスタの味付けに使う麺つゆとも相性が良く、風味付けにピッタリなので、ここは外さないようにしたいです。

 また、仕上げに大葉を乗せるというのもいいですけど、大根おろしを乗せてから刻んだ海苔をかけるというのもお勧めです。ただし、大根おろしの水気は、あらかじめよく切っておいた方がいいでしょう。そうしておかないと、パスタがべちゃべちゃになって、せっかくの風味付けが台無しになりますからね。気を付けたいところです。