先日、読売新聞の記事で知ったのですが、専門家の監修・執筆による安全保障関連の用語サイトが立ち上がったとのことなので、ここに一応、紹介しておきます。


安全保障用語 ~絶対に知っておくべき平和と安全のための基礎知識~












 このサイトの巻頭言にあるように、安全保障の問題に関しては、やたらと抽象的な主義主張や法律的な議論に終始する傾向が強く、それが多くの人にとって、どうもとっつきにくいという印象を与えてきました。また、この問題について冷静に議論したくても、党派的な対立や情緒的な反発によって、議論そのものが成り立たないと思わせる場面も少なくありませんでした。

 今回、こうした状況を少しずつ改めるべく、政策研究大学院大学の田中明彦学長が中心となって、安全保障の問題について基礎的な知識を提供するために、その用語を解説するサイトを立ち上げたというわけです。

 出来たばかりのサイトなので、掲載している用語の数は少ないです。しかし「用語追加依頼」という項目があり、そこから追加してほしい用語を編集部に送信することができるので、今後、そうした依頼を受けつつ、サイトの充実が図られることになるのでしょう。

 気になるのは、用語解説を担当する執筆者の顔ぶれです。ざっと見たところ、マスコミ関係者が多いという印象を受けますね。なぜこの執筆陣になったのかは不明ですが、おそらく真意としては『現代用語の基礎知識』や『イミダス』などで生かされた用語解説のノウハウを、ここでも活用してほしいということなのかもしれません。