もともとスカイウェイブに乗りたいと思い立ったのがきっかけでバイクの免許を取ったので、スクーターに関しては自分なりに思うところがあります。

 スクーターの乗り方は、基本的には安全運転の追求にあると思っています。峠を攻めてコーナーを鋭く切り込むみたいな乗り方はまったく合わないし、スタートダッシュで一気に加速してぶっちぎりみたいな乗り方もできません。つまり、バンクは苦手で、加速も弱いんですね。

 そういう荒っぽい乗り方は、スクーターには似合いません。スクーターにふさわしいのは、やっぱり優雅さ、気品さ、余裕を感じさせる乗り方でしょう。したがって「バカスク」と呼ばれるド派手にデコレーションしたスクーターは、個人的にはカッコいいとも真似したいともまったく思いません。また、ブリブリとマフラー音を響かせていくスクーターは、本当はそういう乗り物じゃないのになぁと思ってしまいます。

 ただ、バイクに野性味を感じたい人にとってスクーターが退屈だというのは、よく分かります。たしかにスクーターに野性味を感じるところはほとんどないですし、ギアもATなので乗りこなしているという感覚が乏しいのも、そうだと思います。しかし、スクーターは通常、街中を走ることを想定していますから、別に野性味を発揮することを念頭に置いて設計されていないんですね。

 実はスクーターをうまく運転しようとするのは案外、難しかったりします。冒頭の動画で説明されているように、他のバイクの車種と特性が大分、違っていて、ある程度、慣れていないと転倒するおそれがあります。原付クラスだと腕力でどうにかなりますが、中免以上のクラスになると、舐めてかかると本当に転倒してしまいます。教習所なんかに行くと、そういうバイクを結構、見かけますね。

 コツは人それぞれですが、低速時におけるリアブレーキとアクセルのバランス感覚をつかめば、おそらくスクーターは乗りこなせるだろうと思います。ただ、これも動画で説明されていますが、リアブレーキが強すぎるとエンジンへの負荷がかかりすぎて故障の原因になるので、優しくブレーキしてリアタイヤを少しだけ引きずるようにして、アクセルで速度調整というのがいいでしょう。