2018年10月24日発売予定のモーニング娘。’18「フラリ銀座/自由な国だから」から「フラリ銀座」(Promotion Edit)のMVが発表されました。

 イントロのギターがやたらとレトロチックな音色になっていることもあるんでしょうけど、前回のシングル「Are you happy?/A gonna」の攻撃性から一転、ずいぶんドメスティックな仕上がりになっているなぁというのが第一印象ですね。

 歌詞に目を遣ると、タイトル通り、銀座でデートしている女の子の気持ちを淡々と描いているだけの内容です。一見すると、これ、何が面白いんだろうと思ってしまいます。

 このとき、ポイントになるのが「銀座」というワードです。もしかすると東京の人なら知っているかもしれませんが、実はですね、銀座にはラブホテルがないんです。この情報をあらかじめ知っているかどうかで、今回の歌詞の読み方が大分、変わってくるんじゃないでしょうか。

 つまり、主人公の女の子は、おそらくデートで彼氏と夜の銀座の街を歩いているわけですが、これはただ歩いているわけではなくて、はっきり言えば、ラブホテルを探しているんですね。しかし結局、見つからなかったので日本橋方面に移動した、そしてその後の夜を楽しんだという、そういうふうに解釈することができる内容になっているわけです。

 いやぁ、さすがにそれは深読みしすぎだろうという意見はあるかと思います。たしかに深読みしすぎかもしれません。しかし、そういう解釈上の遊びができる作りになっているのが、今回の歌詞の楽しみ方だと思いますね。

 もう1点、付け加えると、かえでぃ(加賀楓)は絶対、男装よりも女の子っぽい格好の方がいいので、あまり男装にこだわらないでほしいなぁというのが正直な気持ちです。