『北斗の拳』で出てくるキャラクターのなかでは、なんといってもサウザーが好きなんですよねぇ。誰よりも愛深きゆえに愛を捨てた男……あまりにも切なすぎるじゃありませんか。

 もともとサウザーは、極悪非道な人間ではなく、むしろ、孤児であったサウザーを自分の後継者として育ててくれた南斗鳳凰拳の伝承者、オウガイ先生への深い愛情にあふれた少年でした。

 しかし、サウザーが15歳になったとき、修行の一環として目隠しをしながらの真剣勝負を初めて行ない、倒した相手がまさかのオウガイ先生という衝撃的な出来事に見舞われます。

 身を引けば拳を交わすことができたはず、なぜ交わしてくれなかったのかと責めるサウザーに対してオウガイ先生は、交わすにも交わせなかった、南斗鳳凰拳は一子相伝であり、新しい伝承者によって倒されるのは宿命だと諭した上で、「わしに悔いはない、わしはお前の瞳のなかに極星、南斗十字星を見ていたのだ」と言い、息を引き取ります。

 誰よりも深く尊敬し、誰よりも深く愛していたオウガイ先生を、自分自身の手で殺めてしまったこと。それが南斗鳳凰拳を伝承する人間の宿命であったとしても、まだ若いサウザーにはあまりにも過酷な試練でした。サウザーは激しく慟哭し、「愛がこんなに悲しいのなら、愛がこんなに苦しいのなら、愛などいらぬ!」と心に決めたのでした。




 「愛ゆえに人は悲しまなければならぬ、愛ゆえに人は苦しまなければならぬ」 サウザーにとって愛とは、オウガイ先生を殺めてしまった自分への罪悪感をよみがえらせるものだったのかもしれません。南斗鳳凰拳伝承者として、その宿命を負って生きるためには、愛を否定せずにはいられなかった。おそらくそうしなければ、自我を保つことができなかったのだろうと思われます。

 しかし、ケンシロウとの対決に敗れたサウザーは、そこで愛は悲しみや苦しみだけでなく、ぬくもりもあったはずだとケンシロウに言われ、そのことに気づかされます。そして聖帝十字陵に安置されているオウガイ先生の亡骸にすがり、「もう一度、ぬくもりを……」といって息絶えるのでした。

 


 これはなかなか、いいシーンですよ。ぬくもり、いい言葉じゃないですか。たしかに心から愛する人と、肌と肌を合わせたときに感じるものは理屈じゃないですからね。至言といってよいでしょう。

 サウザー担当の声優、銀河万丈さんがまた、うまいんですよねぇ。ガンダムファンからはギレン総帥担当の声優さんとして知られていると思いますが、北斗の拳でも存在感を大いに発揮しております。