ヘルストスキー_ピザの歴史















 やっぱりピザ好きとしては、ピザに関する薀蓄の一つでも知っていないといけません。ただ漫然と、ピザを食べているだけでは人間、成長がありません。しかし、そうかといって、薀蓄をひけらかすのはよくありません。あくまで嫌味がないように、さらっとそれとなく言うのがよろしい。ドヤ顔なんて決めるのは、かえって無粋でしょう。

 そこで薀蓄といえば、歴史から入るのが王道です。残念ながらピザの歴史について詳しく書かれた本は、日本語ではあまり見かけないんですが、この本はピザの歴史について大まかにまとめられている点で有益なものになっています。

 なんとなくピザは、その作り方が簡単なことから、古代ローマから存在している料理というイメージがあります。もちろん、それに類する料理はあるようなんですが、今のピザの原型に近いものは、18世紀からです。しかも当時はまだ、ナポリの労働者階級が食べるファストフードという位置づけであり、イタリア全土にピザが広まるのは第二次世界大戦後になります。思ったよりもピザの歴史は浅いんですね。

 その後、大戦時、南イタリアに駐屯していた米軍の兵士たちがピザを大変、気に入って、それを母国に持ち帰ったり、あるいはアメリカにやってきたイタリア系移民がピザをニューヨークで売り始めたりしたおかげで、ピザはアメリカで大いに受け入れられることになりました。現在も世界最大のピザ消費国はアメリカで、その量は1年に10億トンを超えるほどだそうです。

 しかし、それは一方で、ピザのチェーン店展開を推し進めたことで、画一化・規格化されたピザを大量生産することになりました。ピザは本来、自由な食べ物であり、何をトッピングしても何をソースに使っても構いません。地域ごとに地元の食材を使ってピザを食べるのがオーソドックスなスタイルなのですが、いつでもどこでも同じピザが食べられることによって、ピザの多様性を奪うことにつながりました。

 そこで近年、ピザの伝統的なスタイルを取り戻そうということで、「真のナポリピッツァ協会」という団体が設立され、ナポリピッツァの伝統技術を後世に伝えるとともに、その趣旨に賛同する店を認定する活動を行なっています。また、イタリアからピザ窯を直輸入で備え付けられるようになったことで、日本でも本格的な窯焼きピッツァが食べられるようになりました。

 色々と細かい話やエピソードが詰まった本ですから、ピザ好きであるなら手元に置いておきたい一冊ですね。これであらためて勉強することができます。