勝手に「アイドル界の玉置浩二」と呼んでいる、きっか(吉川友)ですけど、今回、ぱいぱいでか美さんと組んで、「最高のオンナ」という楽曲をリリースしました。

 楽曲の感想に入る前に、それにしても「ぱいぱいでか美」という芸名は秀逸ですなぁ。一発で覚えてもらえるインパクトの大きさ、セールスポイントを前面に打ち出したアピール力の高さ、そういう芸名を自分の看板に掲げるという覚悟の強さ、いずれにしても単に胆力だけでなく、そのセンスにどこか知性を感じるのであります(もしかしたら適当に付けただけかもしれませんが)。

 そういうアクの強いアーティストやパフォーマーと組むと、やっぱりきっかは面白いですね。このカップリングがどういう経緯で決まったのかは知りませんが、もし本人同士のイニシアチブで始まったことなら、二人を褒めてあげて欲しい。これは色々な展開が期待できる、なかなかいい組み合わせですよ。

 しかも今回、ぱいぱいさんがプロデュース側に回って、きっかを操縦しているという構図になっているんですけど、きっかの奔放さにアクの強いぱいぱいさんでさえ、少し手を焼いているという関係がとてもいい。エロティシズムの解釈も、女性ペアだからこそ出せるニュアンスになっているので、それもまた、見ていて楽しいですね。

 ただ正直、楽曲そのものは、今どきのサブカル系ポップスという印象でそれほど面白いわけではありません。せっかくきっかで遊ぶんだから、ぱいぱいさんもその辺、あまり型にはこだわらないで、ぱいぱいさんの描くイメージのなかできっかを暴れさせる方向で、二人して遊んだらいいと思います。ぱいぱいさんのポテンシャルならできるはずです。期待しています。