鈴置高史_米韓同盟消滅















 古代から日本は、どのように朝鮮半島と付き合っていけばいいのかという問題をめぐって悩み続けてきました。隣国だから仲良くすべきだという意見もある一方、民度の低さを理由に深入りを避けるべきだという意見もありました。

 果たしてどちらが正しいのか、必ずしもその答えが出ているわけではありませんが、少なくとも歴史をひもとくと、深入りしない方が日本にとって幸福なことが多かったと言えそうな気がします。

 現在の朝鮮半島も、日本にとっては悩みの種のひとつです。北朝鮮の核ミサイル開発が進み、いよいよ身内さえも手にかける独裁者が日本に到達可能な核ミサイルを持ってしまったのですから、その脅威は非常に深刻と言わなければなりません。

 そこで日本は、地理的に近い韓国と協力し、北朝鮮の脅威に対処することが必要なのですが、韓国が米中両国の間で彷徨し、その立ち位置がまるで定まっていません。

 日本は米国と同盟関係にある以上、東アジアでの利益を米国と共有し、その実現に向けて日米両国で協力しながら対処することになります。ところが韓国は、米国になびいたり、中国におもねったり、日本にかしずいたり、国家戦略のベクトルをあいまいにしたまま、いわゆる八方美人的な外交を繰り広げています。

 八方美人的な外交は、最後には誰からも信頼を失い、八つ裂きのようにして身を滅ぼします。自分たちは「コウモリ外交」を気取っているのかもしれませんが、何かを天秤にかけるときは、自分がつねに天秤にかけられる側よりも優位に立っていることが前提です。

 韓国の国力を考えれば、日米中よりも劣位であるし、その劣位を挽回できる立場にもないことは明らかでしょう。つまり本来、韓国はコウモリを気取って大国を手玉に取るような外交は望めない国であることは、はっきりしているわけです。

 それにもかかわらず、韓国は身の丈を知らないまま、自意識だけを肥大させ、今まで後ろ盾になってきた日本や米国の信頼を裏切り、日米と戦略的な利益の面で対立する中国にすり寄りました。

 しかし中国もまた、韓国に対して格下扱いであり、韓国が中国の利益や面子を損なう行動に出たときは、厳しいしっぺ返しを食らわせます。その点で韓国は、どこまで行っても東アジアでは、セカンド・パートナーとしての役割を脱しきれないのです。

 この厳然とした事実を受け入れようとしないで、自分たちにとって都合のいい未来や願望ばかり思い描いたツケが今現在、韓国に降りかかっているというのが、この本の基本的な主張です。その内容は、おおむね同意できるものです。

 もちろん、タイトルにある「米韓同盟消滅」は、現状の行き着く先として著者が象徴的に述べているのですが、個人的な印象としては、多くの専門家の分析に反して、著者と同様、その可能性は決して低くないと見ています。

 そもそも韓国は、米国にとって戦略的価値の乏しい国ですから、韓国の出方によってはその信頼が地に堕ち、米国から三下り半を突きつけられるおそれがあるということは、韓国自身がもっと強く自覚すべきだと思いますね。