石井暁_自衛隊の闇組織















 これは結局、自衛隊の内部に存在すると言われる「別班」について調べてみましたが、詳しいことは分かりませんでしたということを長々と綴っているだけの本です。色々と苦労したそうですけど、成果がなくても本が出せるんですねぇ。

 少なくとも日本政府は、「別班」という組織を公式に認めたことは一度もありません。噂では1950年代、米国の指導によって自衛隊に情報活動の専門部隊が作られたことをきっかけとして「別班」が置かれたと言われていますが、その存在を示す証拠がまるで公開されていませんし、別班のメンバーだったと言われる人たちの証言もあやふやで、あまり信用できません。

 そもそも現下の日本において、自衛隊内に情報活動の専門部隊を作ったとしても、どこに派遣し、活動するというのでしょうか。はなはだ疑問と言わざるを得ません。しかも証言によっては、レンジャー部隊やスパイ活動の訓練などが別班で行なわれたというんですけど、そんな訓練を実施したところで、どこで披露する機会があるというのでしょうか。もし本当にそんな訓練を行なっていたというのなら、間抜けもいいところです。

 こういう話は、匿名の関係者へのインタビューによって構成されることが多く、客観的に検証することができなくて困ります。たしかにそれが真実であれば、なかなか興味深いものがありますが、やはり証言は、どこまでいっても証言にすぎません。

 むしろ私たちが示してほしいのは、その証言をきちんと裏付ける証拠です。具体的な根拠を示すことなく「俺は見てきた」、「俺は知っている」というだけの与太話は、これまでにも数多く聞いてきました。いい加減、その証拠を出してほしいわけです。

 あるいは、証拠が出せないというのであれば、せめて実名で語ってくれる人物の証言を使ってほしい。どこの馬の骨とも分からない人物の話を一方的に並べられても、こちらはただ、「そうなんですねぇ」と黙って聞くしかないわけで、そこから先の真実に迫ることができません。

 とはいえ、もし「別班」という組織が存在するとすれば、スパイ工作を目的とした専門部隊というよりも、通信傍受の専門部隊として存在した可能性はあるかもしれません。それというのも内閣調査室の歴史をひもとくと、発足当初、通信傍受部門を作る動きがあり、人材の調達もひそかに行なわれていたからです。

 しかも別班は、防衛庁ではなく内閣府に置かれていたと言われているので、通信傍受の専門部隊というよりも、ホワイトハウス内にある「シチュエーションルーム」のような位置づけの組織だったのかもしれません。また、その文脈から考えると、在日米軍との協力があったことも腑に落ちやすいでしょう。

 この問題に関心を持つ人は、そういう方面からアプローチすることをおすすめします。おそらくその方が、より真実に近づきやすいのではないかと思いますね。