やっぱり小田ちゃんの歌は、沁みますなぁ。声質がいいというのは、もちろんあると思うんですけど、小田ちゃんの歌い方は、音符を両手で優しくすくい取りながら歌っているイメージなんですね。そういう歌い方に、どこか人柄を感じるというか、女性らしさを覚えるわけです。

 ただ、この動画でも確認できますが、ビブラートさせるところはしっかりさせていますし、リズムとしてメロディーのラインを切るべきところはちゃんと切っているし、適当に歌っているわけではないことはすぐに分かります。こういうプロフェッショナルな部分が垣間見えるところも魅力です。

 個人的な要望としては、小田ちゃんには渡辺美里の名曲「跳べ模型ヒコーキ」をいつか歌ってほしいなぁというのがあります。歌ってほしいなぁと勝手に思っているだけで、こちらからそれを働きかけたたことは一切、ありませんが、声質や歌い方、それに小田ちゃんの持っている雰囲気を考えると、すごく合っているのではないかと思うんですね。





 しかもこの楽曲、メチャクチャ難しいんです。渡辺美里自身がそう言っているのだから間違いありません。版権上、なかなか厳しいのかもしれないけど、ぜひ一度、「さくらのしらべ」なんかで歌ってほしいなぁ、チャレンジしてほしいなぁとひそかに願っております。