雑記

2019年03月22日



 小西さん、首長は権力者じゃない、住民の代表だとかなんとか言っておりますけど、あのねぇ、そんな「ええかっこしい」はいらんのですよ。

 もちろん、話し合いは必要ですよ。でも議論を尽くした上で、最後は住民の代表たる首長が権力をふるって決断し、実行するわけでしょ? じゃあ、小西さんは知事に就任した後、一切、権力をふるわずに職務を遂行するということなんかい? そんなこと、ホンマにできるんか? できひんわなぁ。そうなると、小西さんは「嘘つき」ということになる。

 「住民の味方!」みたいなイメージを作りたいのかもしれないが、個人的には印象が一層、悪くなりましたな。


brochothrix3121 at 15:00コメント(0)

2019年03月21日

 最近のネット記事は、記事の署名が冒頭ではなく、末尾にあることが多いんですね。あれ、やめてほしい。誰が書いたのか分からないと、読むに値するかどうか、すぐ判断できないじゃないの。

 そんなもん、書いてある内容が重要であって、誰が書いたかなんてどうでもいいことじゃないかという人がいるでしょうけど、そうじゃない。

 たとえば、トランプ政権の評価に関して同じことが書かれていたとしても、国際政治学者の意見なのか、その辺の居酒屋でくだを巻いているオッサンの意見なのかで、やっぱり受け止め方や読み方が変わるでしょう? 

 権威主義といわれたらそれまでかもしれないけど、情報の取捨選択において、誰の意見かというのは欠かせない判断材料のひとつです。したがって、記事の冒頭にちゃんと署名してほしいわけです。

brochothrix3121 at 20:00コメント(0)
 
 先日、知り合いと話しているとき、何かの拍子で普段、どんなテレビ番組を見ているのかと聞かれたので、「よく見ているのは、NHKBSでやっている『岩合光昭の世界ネコ歩き』かなぁ」と答えたら、苦笑された。何? ダメなの?


brochothrix3121 at 09:30コメント(0)

2019年03月20日


 俳優の舘ひろしさん、ずいぶん前からひそかに勘ぐっているんだけれども、正直言って、ちょっとその気、あるよね。案外、嫌いじゃないんだと思います。


brochothrix3121 at 01:00コメント(0)

2019年03月19日



 う~ん、やっぱり説得力を感じたのは吉村さんかなぁ。小西さんは否定ばかりで、将来的なビジョンが見えないんだな。その辺がいかにも官僚的だと思うわけです。東大法学部出身だから、そういうことになるのかなぁ。

 府と市が対立する「ふしあわせ」という仕組みのなかで大阪の地盤沈下がどんどん進み、都市としての魅力を失っていったことは、大阪の人なら誰でも知っていることです。

 もちろん、大阪だって危機感がなかったわけではない。何とかしようと模索を続けたけれども、結局、何も変わらなかったし、変えることができなかった。「次こそは」という期待と「やっぱりダメか」という失望が繰り返されるにつれて、やがて大阪の人たちは、既得権益を守ろうとする勢力の強さにあきらめに近い感情を抱くようになりました。

 その空気を打ち破ったのが橋下徹氏だったわけです。人柄や政治手法に難ありという批判を絶えず受けていたにもかかわらず、今もなお大阪の人たちの間で橋下氏の人気が高いのは、単に実績を上げたというだけでなく、大阪に漂っていた閉塞感を払拭し、将来の展望を開いてみせたからです。そのことに、大阪の人たちの心が奮い立ったのでしょう。

 関西ローカルの番組に東京から識者が来て、都構想問題を語る人がいますが、この閉塞感の問題が根元にあることを分かっていない人がほとんどです。

 おそらく大阪の人たちは、制度論や法律論としての是非を問うているわけではない。これから先、大阪がどのように発展するのかという将来的なビジョンを問うているわけです。そのビジョンをもって、閉塞感を一層、打破したいという人が多いのではないかと思うんですね。とくに若い人はそうでしょう。

 その点で、小西さんの話では、今までの仕組みがダメだったのに、今までの仕組みのままで良いとするなら、2つの疑問に答えないといけない。大阪の地盤沈下が起きたのはなぜなのか。地盤沈下が起きたのに、今まで通りで良いとするのはなぜなのか。そういうところがもっとクリアにならないと、大阪の人たちの心をつかむことは難しいんじゃないかなぁ。


brochothrix3121 at 11:00コメント(0)
ギャラリー
  • 「ええかっこしい」はいらん
  • 好きなんだからいいじゃん
  • 元KGB高官オレグ・ゴルジエフスキーのイギリス亡命劇
  • 真相は知らない
  • 大阪の人たちは閉塞感の打破を望んでいる
  • 西鉄でピザ釜搭載の列車が運行されるらしい
  • 「うさぎ」「うさぴょん」「うさぎ」「うさぴょん」
  • イスラム過激派の二重スパイになった人物の手記
  • 米国のスパイ偵察機、U-2ドラゴンレディ
記事検索
アーカイブ
プロフィール

黄ふくろう

  • ライブドアブログ