黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

パスタを作りたい

明太子パスタは誰も美味しく作れる

 イタリア人のなかには邪道と見なす人もいるようですけど、美味しいもんは美味しいんだから素直に認めればいいじゃないかということで、おそらくパスタ好きの女性なら必ず食べたことがある明太子パスタです。





 作り方は、めちゃくちゃ簡単です。たらこの腹を開いて明太子を出し、バターとオリーブオイルと適当に混ぜます。パスタが茹で上がったら、それと和えればもう盛り付けで終了です。レモン汁でアクセントを加えたり、大葉や海苔を刻んで和風のテイストを一層、出したりしてもいいですね。コショウを軽く振るのも悪くありません。

 こんなに作るのが簡単なのに、明太子パスタは非常に美味しく出来上がります。むしろ手順さえ間違えなければ、不味く作る方が難しいです。唯一、注意すべき点があるとすれば、茹で上がったパスタの水切りをしっかりするくらいでしょうか。それができれば、誰でも美味しく作ることができます。

 イタリア人は、和風パスタへの抵抗感が強いようで、ナポリタンや冷製パスタと同様、明太子パスタも好意的に評価されない傾向があります。深く物事を考えないように見えるイタリア人ですが、料理に関してはやっぱり口うるさいところがあるようです。

 しかしそれが、彼らにとってプライドなんでしょう。料理というのは、とても大事な文化のひとつですから、自分たちにとって馴染みのない食べ方をしていると、ついつい認めたくないという心理が働きます。フード・ナショナリズムというのでしょうか。日本人だってカリフォルニアロールを見たとき、「なんだこれは」と思ったでしょう。つまり、そういうことです。

 そういう意味で中国人は、あんまりそういうことを言っているのを聞いたことがないですね。とにかく何でも食材にするので、食べて美味しかったら何でもいいという具合に、ナショナリズムもヘチマもないのかもしれません。その辺の違いは、ちょっと面白いですね。


エビのトマトクリームパスタを作ろう

 そういえば最近、魚介系のパスタを作っていないなぁということで、冷蔵庫に入っていたエビを使って、トマトクリームパスタを作ることにしました。




 動画だと結構、手間がかかるように見えるかもしれませんが、実際に試してみると、要するにエビの頭を炒めたり、つぶしたりしてミソを出し、それをもとにソースを作る工程が少し時間がかかるくらいで、作業そのものは思いのほか、簡単です。

 むしろ、少し時間がかかるということを知っておかないと、何でも手早くこなしてしまって、ミソがエビから十分、取れないということがあるかもしれません。とにかくじっくり炒めて、つぶすことが大事です。そうすると、そのうちソースが泥水(表現が悪い?)のような色になってきますから、その辺りまで来れば、次の工程に行っていいでしょう。

 ほとんど味付けをしていませんでしたが、大丈夫かなぁと思いつつ食べてみると、これがとても美味しい。いやぁ、この動画のシェフは上手ですね。教え方もうまいし、よく参考にさせてもらっています。また何か、新しいパスタを作るときは見させてもらおう。

 

パスタを茹でるときは塩加減がポイント

 パスタを作るための基本中の基本、パスタの茹で方ですけど、これがですね、こだわり出したら案外、難しい。

 もっとも家庭で作るくらいでしたら、そんなにこだわっても仕方ないので、まぁ、それなりに仕上がればいいわけですが、やはりポイントになるのは塩加減でしょうね。





 動画のなかでも言及されていますが、「こんなに入れるの?」と少し思うくらいがちょうどいいでしょう。普段、茹でるときに計量しないので、きちんとした数値は分からないですけど、大体、水が5リットルだったとして、塩は片手の手のひらで握るくらい入れます。もちろん、最大の目的は下味をつけるためです。

 ここできちんと下味をつけておけば、経験上、ソースが多少、マズくても何とかなります。また、ソースの出来栄えがいいと一層、美味しくなります。逆に、下味がうまくついていないと、食べたときに味がぼやけた感じになってしまいます。いくらアルデンテに茹で上がっても、これでは台無しです。

 パスタを鍋に投入するとき、格好良くパッと開くように投入したくなりますが、それよりもむしろ、パスタを投入した後、麺同士がくっつかないようにするために、軽く回してあげるといいかと思います。市販のパスタ麺は優秀で、その辺もうまくできているものが売られていますが、くっついちゃうとやっぱり良くないので、一応、念のためということで。


カボチャのクリームパスタを作ろう

 この間、秋らしい食材を使ったパスタということで、キノコの和風パスタを調理する動画を紹介しました。使うキノコは、シメジでもマイタケでもエリンギでもシイタケでも何でもいいですし、色々なキノコを組み合わせて使うのも風味が一層、豊かになって美味しいです。

 今回はその続きで、秋らしい食材、カボチャを使ったパスタの作り方について紹介したいと思います。


 


 カボチャは生だと固いので、それを柔らかくしないとパスタに使えません。柔らかくする方法としては、カボチャの種と皮をとり、適当な大きさ(一口大くらい)にカットして、レンジで5分くらい温めるとちょうどいい感じの柔らかさになります。動画を見ると1分になっていますが、カボチャの食感を残したいときは、そのくらいにしておいた方がいいかもしれません。

 フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクで風味付けした後、ベーコンとタマネギを炒めます。動画ではベーコンを使っていませんが、塩味を加えることも兼ねてベーコンを使っても何ら問題ないでしょう。

 タマネギがしんなりしてきたら牛乳を300ccほど加え、先ほどの柔らかくなったカボチャも投入し、煮立たせます。このとき、塩コショウとコンソメで味を調え、とろみをつけたいなら小麦粉を少し入れます。

 小麦粉を入れすぎると、ソースがパサパサになってしまうので注意しましょう。逆に、ソースがパサパサだと思ったら、牛乳を追加すればいいでしょう。ただ、経験上、パスタを投入すると水分がパスタに吸収され、ソースがパサパサになりやすいので、この段階ではとろみが薄くついたスープくらいの感じでいいかもしれません。

 茹で上がったパスタをフライパンに入れ、ソースと混ぜ合わせたら完成です。ソースがカボチャ色になって、実に秋らしいパスタになります。パセリを上からかけると、見栄えが一層、良くなって美味しさを引き立たせます。


キノコを使って和風パスタを作ろう

 そろそろ秋らしい食材を使って、パスタを作りたいという衝動に駆られています。いくら残暑が厳しいからといって、冷製パスタばかり食べるわけにいきませんしね。

 秋らしい食材といえば、やっぱりキノコでしょう。キノコとパスタは相性がとても良くて、どういうソースでも合うと思いますが、和風パスタにすると一層、秋らしい感じになるでしょう。




 この動画では、キノコを使ったオーソドックスな和風パスタの作り方が紹介されています。ひと手間ポイントとして、具材をある程度、炒めたら昆布茶の粉末を入れるというアドバイスがありますが、それよりもバターを加えるという工程の方がポイント上、重要でしょう。バターはキノコだけでなく、和風パスタの味付けに使う麺つゆとも相性が良く、風味付けにピッタリなので、ここは外さないようにしたいです。

 また、仕上げに大葉を乗せるというのもいいですけど、大根おろしを乗せてから刻んだ海苔をかけるというのもお勧めです。ただし、大根おろしの水気は、あらかじめよく切っておいた方がいいでしょう。そうしておかないと、パスタがべちゃべちゃになって、せっかくの風味付けが台無しになりますからね。気を付けたいところです。


ギャラリー
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 急成長した会社は急降下する
  • 結局、煩わしいのは身の回りの問題
  • バイク番組を見て欲求を解消するのだ
  • マイケル・ヘイデン元NSA長官、大いに語る
  • 為替相場は米中間選挙後も安定志向
  • ラーメンはチェーン店でいいじゃない
  • 明太子パスタは誰も美味しく作れる
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ