黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

ピザが食べたい

ピザの歴史は思ったよりも浅い

ヘルストスキー_ピザの歴史















 やっぱりピザ好きとしては、ピザに関する薀蓄の一つでも知っていないといけません。ただ漫然と、ピザを食べているだけでは人間、成長がありません。しかし、そうかといって、薀蓄をひけらかすのはよくありません。あくまで嫌味がないように、さらっとそれとなく言うのがよろしい。ドヤ顔なんて決めるのは、かえって無粋でしょう。

 そこで薀蓄といえば、歴史から入るのが王道です。残念ながらピザの歴史について詳しく書かれた本は、日本語ではあまり見かけないんですが、この本はピザの歴史について大まかにまとめられている点で有益なものになっています。

 なんとなくピザは、その作り方が簡単なことから、古代ローマから存在している料理というイメージがあります。もちろん、それに類する料理はあるようなんですが、今のピザの原型に近いものは、18世紀からです。しかも当時はまだ、ナポリの労働者階級が食べるファストフードという位置づけであり、イタリア全土にピザが広まるのは第二次世界大戦後になります。思ったよりもピザの歴史は浅いんですね。

 その後、大戦時、南イタリアに駐屯していた米軍の兵士たちがピザを大変、気に入って、それを母国に持ち帰ったり、あるいはアメリカにやってきたイタリア系移民がピザをニューヨークで売り始めたりしたおかげで、ピザはアメリカで大いに受け入れられることになりました。現在も世界最大のピザ消費国はアメリカで、その量は1年に10億トンを超えるほどだそうです。

 しかし、それは一方で、ピザのチェーン店展開を推し進めたことで、画一化・規格化されたピザを大量生産することになりました。ピザは本来、自由な食べ物であり、何をトッピングしても何をソースに使っても構いません。地域ごとに地元の食材を使ってピザを食べるのがオーソドックスなスタイルなのですが、いつでもどこでも同じピザが食べられることによって、ピザの多様性を奪うことにつながりました。

 そこで近年、ピザの伝統的なスタイルを取り戻そうということで、「真のナポリピッツァ協会」という団体が設立され、ナポリピッツァの伝統技術を後世に伝えるとともに、その趣旨に賛同する店を認定する活動を行なっています。また、イタリアからピザ窯を直輸入で備え付けられるようになったことで、日本でも本格的な窯焼きピッツァが食べられるようになりました。

 色々と細かい話やエピソードが詰まった本ですから、ピザ好きであるなら手元に置いておきたい一冊ですね。これであらためて勉強することができます。


大阪・守口市でリモーネを食べる

 ちょっと間が空いてしまいましたが、久しぶりにピザを食べに行ってきました。やっぱりピザは美味しいですなぁ。イタリア人はえらい! さすがレオナルド・ダ・ビンチを輩出した国だ!

 そんなわけで今回、行った場所ですが、京阪・守口市駅から歩いて2分くらいのところにあるピッツェリア「PAPPARE」というお店です。関目にもお店があって、どうやらそちらが本店らしいんですけど、駅から少し歩くみたいなので、それは嫌だなということで、こちらのお店の方にしました(要するに、ズボラなんだな)。


PAPPARE守口











 店内は結構、狭かったですね。しかしランチタイムだったので、たくさんのお客さん(とくに奥様方)が来店しておりまして、わいわいと賑わっておりました。

 1階のカウンター席が満席だったので、2階のカウンター席に誘導されましてメニューを受け取ります。ん~、ランチコース(1350円)があるのか、どんなピザがあるのかなということで、色々見ていても埒が明かないので、店員さんにおすすめを聞くと、そこは定番・マルゲリータであります。天邪鬼なので、結局、リモーネにしました。

 リモーネとは、ビアンカベースのピザにレモンをトッピングしたものです。何となく今日は、チーズをたっぷり食べたいと思ったんですね。それとレモンの酸味がどんな感じになるのか、少し興味があったわけです。

 最初に前菜(サラダ)が運ばれて、しばらくそれを食べながら、いくつか書類に目を通していたら1階から店員さんがやってきて、注文したピザを持ってきてくれました。


CIMG3327












 ほぅほぅ、これがリモーネ、チーズたっぷりで素晴らしいですなぁ。ピザは基本、酸味と甘味と塩味のバランスによって味が決まると思っているんですけど、レモンの酸味は案外、邪魔にならないというか、レモンの酸味がばっちり効きつつも、チーズの塩味がうまい具合に中和して、これは美味しいですな! レモンの風味がさっぱりとした味わいを出すので、女性も食べやすいかもしれませんね。

 ナポリピッツァですから、生地はもちろん、もっちりしています。食べ応えもしっかりありますし、レモンとチーズの味わいをピザ生地がうまく取り込んで、その甘味との融合がまた、見事な味のバランスを作り出してくれます。

 立地を考えると、かなりリーゾナブルにピザを食べることができるお店ではないかと思います。店員さんに勧められるままに、スタンプカードを作ってもらいました。いつかまた、来ようっと。


<場所>
大阪府守口市早苗町2-20


三重・伊賀市でベーコンピザを食べる

 夏の暑さが少し緩んで、幾分、バイクに乗って遠出するのも苦痛ではなくなったので、三重県伊賀市にある「グレインウッド」というレストランに行ってきました。


CIMG3325













 グルメサイトによると、このお店は1978年からオープンしているそうです。かれこれ40年の長きにわたって愛されてきた、地元のレストランといった感じですね。たしかに店内に入って見渡すと、カウンターテーブルや椅子などは大分、年季が入っているようで、塗装が剥げたり縫い目がほつれたりしているところがありました。

 雰囲気としては、喫茶店に近いと思った方がいいでしょうかね。まだお昼前だったので、店内には誰もお客さんがいませんでした。とりあえずカウンター席に座り、メニュー表を受け取ります。

 ん~、どれがいいのかなぁ。初めて来たお店で、あんまり事情がよく分からないので、ランチメニューのピザセット(1100円)が定番だろうと推測して、それをオーダーすることにしました。このセットは、ベーコンピザにサラダとドリンクが付く内容です。

 しばらく待っているとサラダとドリンク(アイスコーヒー)、そしてピザの順で運ばれてきました。ピザのサイズは、少し小さめですね。これはなんていうピザなのかなぁ、ナポリ風ピザのように厚みのあるしっかりとした生地ではなく、ローマ風ピザのようにパリパリとした薄めの生地というわけでもない。かといって、その辺のスーパーで売っている冷凍ピザのようなものでもない。

 ピザそのものは、トッピングのチーズがベーコンや他の食材をまるで見えなくするくらい乗っているし、塩味も利いているので、美味しさは満足できると思います。しかし、こういうピザってどういうふうに説明したらいいのでしょうか。

 本来なら写真に収めることができればよかったんですけど、実はすぐ隣で調理を終えた店主さんが昼ご飯を食べ始めて、新聞を読みながらソーメンをすすっているんですね。

 ざっくばらんというか大らかというか、何ともこう、形容しづらい空気を感じました。その空気を破って一言、「写真を撮ってもいいですか」という断りを入れたらよかったのかもしれませんが、なんかこう雰囲気的に躊躇するものがありまして、結局、その断りを入れる勇気が出ませんでした。

 ただですね、店主さん、決して悪い人ではないですよ。ピザセットを食べ終わった後、少しお話しましたが、気さくに話してくれる人で、「なんだ、それだったらあの時、もっと勇気を出したらよかった」と後悔しましたからね。でもまぁ、もう食べ終わっちゃったんで、ピザはありません。興味のある方は、実際に行って食べてみることをお勧めします。


<場所>
グレインウッド
三重県伊賀市上野玄蕃町213


大阪・四条畷でマルゲリータを食べる

 午前中、四条畷イオンで買い物をしたついでに、以前から少し気になっていた「ピッツェリア カフェ&バー コネリ」というお店に行ってきました。


shijounawate












 ちょうどお昼時でしたから、店内には子供連れの若い主婦や熟年カップルが結構、いましたね。店員さんに案内されて、入口から奥の方にある席に座って、さっそくメニュー表とにらめっこです。

 このお店のセールス・ポイントは、なんといっても店内に置かれた窯でしっかりと焼き上げるナポリピッツァでしょう。しかもマルゲリータは、破格の590円で提供されています。これは安い! 

 いや、待てよ。大体、こういうのに釣られて注文してみたら、メニューに載っている写真とイメージが全然、違うやつが運ばれて来て、幻滅することがあるじゃないか。もしかしたら今回も、調子に乗って注文したら、そうなってしまうかもしれないぞ。

 でも、590円は安いなぁ。仮に失敗したとしても、腹は立たない値段だなぁ。よし、せっかく来たんだし、ここは騙されたと思って、590円のマルゲリータを頼もう。喉も渇いているから、250円のドリンクバーもつけよう。そういう感じでオーダーを入れました。

 ちなみにドリンクバーは、各種ジュース(オレンジ、アップル、グレープフルーツなど)やコーヒーなどが飲み放題になっています。普通にソフトドリンクを頼んでも250円なので、ドリンクバーにした方がお得かと思います。

 しばらくオレンジジュースを飲みながら待っていると、窯から出てきたマルゲリータが運ばれてきました。


CIMG3311












 お! これは思っていた以上にちゃんとしたマルゲリータですね! これで590円だったら大満足でしょう。おそらく他のピッツェリアだったら、1000円近く取られると思いますね。ピザ生地もしっかりしているし、レギュラーサイズの大きさなので食べ応えもありそうです。

 そして実際、食べてみると、トマトソースの酸味にチーズの甘味と塩味がうまく混ざり合って、ピザの王道マルゲリータの味わいを存分に感じることができます。ピザ生地はナポリピッツァとしては若干、薄い方かもしれませんが、食べ応えは十分で、このピザ一枚でお腹いっぱいになります。

 このお店では、マルゲリータのほかに、クアトロフォルマッジも980円で提供されています。これも他のピッツェリアに行くと1500円くらいしますから、かなりリーズナブルにピザを食べることができます。

 関西では、四条畷イオンにしか店舗がないようなので、こういうお店がもっと増えたら、ピザが身近なものになるのになぁと思いました。


<場所>
大阪府四條畷市砂4-3-2 イオンモール四條畷 2F


【追記】(2018年9月5日)
 この記事を書いたときは知らなかったのですが、このお店、来店した8月31日をもって閉店することになっていたようです。四條畷イオンのウェブサイトで確認いたしました。したがって現在、四條畷イオンに行っても、お店はもうありません。こんなことなら、もっと早く行っておけばよかったと後悔することしきりです。残念です。


ピソラ(寝屋川堀溝店)でビスマルクを食べる

 そういえば最近、ピザを食べていないことに気づきまして、こりゃいかん、やっぱりピザを食べないと精が出ないよねという分かったような分からないような理屈でもって、昨日、国道163号沿いにあるイタリアン・レストラン「ピソラ(PISOLA)」寝屋川堀溝店に行ってきました。


CIMG3309












 このレストランは、関西圏でチェーン展開しているお店で、今まで存在は知っていたのですが、なかなか行く機会がなくて、今回、初めて食べに行きました。お店の雰囲気は、南国風といえばいいのでしょうか、高級リゾートホテルのレストランのような感じで作られています(そんなホテルに行ったことはないけど)。

 店内に入ると、店員さんの案内にしたがって席に着きます。半個室もあるので、もしそちらがいいようでしたら、店員さんに一言、伝えるといいでしょう。

 ちょうどお昼に行ったので、店員さんからは平日限定のセレクトランチ(1190円)を勧められました。このランチは、パスタ、リゾット、ピザのなかから好きな1品に加えて、ドリンクバーとサラダ(もしくは、キッシュ)が付くセットです。

 初めて来たお店で、あれこれ悩んだところで結局、分かりませんから、とりあえずセレクトランチにして、ピザはビスマルク(セット価格+100円)を選び、料理が運ばれてくるのを待ちます。

 待っている間、ドリンクバーで注いできたミックスジュースを飲んでいましたが、これが結構、美味しかったですね。お店に着くまでの道中、台風一過で蒸し暑く、喉が渇いていたこともあるんでしょうけど、ついつい何杯も飲んでしまいましたねぇ。

 そんな感じで待っていると、テーブルにビスマルクがやってきました。


CIMG3308











 大体、チェーン店のピザは、メニューに載っている写真と比べて結構、ちゃちなケースが多いんですけど、ピソラはしっかりとしたナポリ風のピザ生地で、写真に違わず食べ応えがあるピザですね。

 さっそく注文したビスマルクをいただくと、ベーコンやチーズの塩味と卵の甘味、そしてピザ生地の酸味が口のなかで混じり合って美味しさが際立ちます。少しアクセントが欲しいときは、ブラックペッパーをかけるといいでしょう。あっという間に平らげてしまいました。

 これで1290円ということを考えると、なかなか良心的なお店だと思います。店員さんの対応もちゃんとしていて、気持ち良かったです。今回でどういうお店か分かったので、いずれまた、別のメニューを試してみたいですね。


<場所>
大阪府寝屋川市堀溝2-267-1


ギャラリー
  • 塩レモンを使ったパスタ
  • 本当に遊びに行く暇がない
  • 怒涛の忙しさから一段落
  • 12月、12月ですよ
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 大阪・布施でテリヤキピザを食べる
  • 引き金は会長の待遇ではないだろう
  • 音符を両手ですくい取りながら歌うイメージ
  • 無理しない、無茶しない、ムキにならない
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ