黄ふくろう日記

大好きな事なら超続けられる…でも大好きな事は毎日入れ替わるよ♪

お役立ち

安全保障の用語解説サイトがオープン

 先日、読売新聞の記事で知ったのですが、専門家の監修・執筆による安全保障関連の用語サイトが立ち上がったとのことなので、ここに一応、紹介しておきます。


安全保障用語 ~絶対に知っておくべき平和と安全のための基礎知識~












 このサイトの巻頭言にあるように、安全保障の問題に関しては、やたらと抽象的な主義主張や法律的な議論に終始する傾向が強く、それが多くの人にとって、どうもとっつきにくいという印象を与えてきました。また、この問題について冷静に議論したくても、党派的な対立や情緒的な反発によって、議論そのものが成り立たないと思わせる場面も少なくありませんでした。

 今回、こうした状況を少しずつ改めるべく、政策研究大学院大学の田中明彦学長が中心となって、安全保障の問題について基礎的な知識を提供するために、その用語を解説するサイトを立ち上げたというわけです。

 出来たばかりのサイトなので、掲載している用語の数は少ないです。しかし「用語追加依頼」という項目があり、そこから追加してほしい用語を編集部に送信することができるので、今後、そうした依頼を受けつつ、サイトの充実が図られることになるのでしょう。

 気になるのは、用語解説を担当する執筆者の顔ぶれです。ざっと見たところ、マスコミ関係者が多いという印象を受けますね。なぜこの執筆陣になったのかは不明ですが、おそらく真意としては『現代用語の基礎知識』や『イミダス』などで生かされた用語解説のノウハウを、ここでも活用してほしいということなのかもしれません。


スパイ関連のニュースチェックに使えるウェブサイト

 多くのメディアでは、スパイ活動のニュースをカテゴライズしていないので、政治や国際関係などのカテゴリーに入っているニュースのなかから、スパイ活動のニュースを選り分ける作業を行なわないといけません。それが結構、手間のかかる作業なので、誰かがうまくまとめてくれたらなぁと思うことがしばしばあります。

 海外のウェブサイトには、そういうニーズ(?)に応えてくれるものがいくつかあります。たとえば、イギリスのスパイ専門家2人によって運営されている「intelNews」は、メディアが伝えたニュースの要点をまとめたうえで、ときに彼らなりの見解を付け加えた記事を投稿しています。


INTELNEWSORG












 一方、アメリカのスパイ専門家、マシュー・エイド(Matthew Aid)という人物が運営しているウェブサイトもあります。こちらは、メディアのニュースからスパイ関連のものをピックアップし、その記事の内容が掲載されています。


MATTHEWAID












 とりあえずニュースだけチェックしたい人は、主要なニュースメディアが配信したスパイ関連の記事を自動的にリンクし、閲覧することができる「NewsNow」というウェブサイトがあります。このサイトは運営者不明なんですが、「Miliyary Intelligence」、「MI5/MI6/GCHQ」、「NSA/DIA」というカテゴリーがあり、それぞれに関連したニュースを読むことができるので、日常的なニュースチェックに適していると思います。


NewsNow Military Intelligence news











 最近、この分野に関するニュースをチェックするようにしているので、その関係でちょっと調べてみたところ、以上のようなウェブサイトがありました。他にも有用なウェブサイトがあるかもしれませんので、もしまた見つけたら紹介します。


「Feed Watcher」が使えそうな感じ

 ネット上の情報収集・管理を効率的に行なうにはどうすればいいのかという問題は、おそらく多くのビジネスマンが抱える悩みではないかと思います。

 たとえば、ニュースをチェックするのに、ブックマークを付けたとはいえ、更新しているかどうか分からないサイトをいちいち巡回するのは、とても時間がかかります。そこで、RSSリーダーを利用して効率化を図るわけですが、普段、使っていた「My Yahoo!」が2016年に終了してしまったので、こりゃまいったなという感じだったんですね。

 しかし最近、「Feed Watcher」というRSSリーダーを見つけまして、これがなかなか使えそうな感じなので、あらためて普段使いのRSSリーダーにしようかなと考えています。

 そもそも「Feed Watcher」は「My Yahoo!」のサービス終了を受け、そのユーザーの受け皿となるべく、「カレット株式会社」という日本の企業が開発したもので、ニュースやメールのチェックのほか、路線探索、天気、メモ帳など、有用なウィジットがいくつか用意されています。

 使い方としては、最初にログインしなければなりませんが、アカウントは新規に作ってもいいし、googleやyahooなどのアカウントで代用することもできます(アカウントを作らなくても利用できますが、機能に大幅な制限があります)。


Screen Shot 2018-06-02 at 20.48.53-fullpage










 ログインすると、縦4列にウィジットが並んだ状態でRSSが表示されています。あとは画面右上にある歯車ボタンをクリックし、RSSの追加やレイアウト変更、さらにウィジットの配色を変えたり、縦の列を増減したりするなど、利用者の好みに応じて変えることができます。

 ちなみに、画面の最右側に広告ウィジットが置かれています。何もしない状態だと、広告ウィジットの下にあるウィジットがスクロールしないと見えないので、何気にちょっと邪魔になるんですけど、ブラウザの広告ブロックツールを解除すれば、広告ウィジットの大きさが約半分になり、画面が一層、スッキリします。「Feed Watcher」は、記事広告を表示し、その広告収入でサービスを提供しているので、できるなら協力してあげましょう。

 以上の作業を終えて、とりあえず自分の好みで構成してみた「Feed Watcher」のレイアウトがこちらです(画像をクリックすると、大きく見ることができます)。


ScrSh20180602fullpage









 全然、初期設定に近いんですけど、一応、国際関係のニュースをチェックするためのRSSリーダーという感じになっています。今後、さらに改善していきますけど、いくつかページも持つことができるようですし、分野ごとにRSSリーダーを作れば、情報を幅広くかつ効率的に集めることが可能になるように思います。


ギャラリー
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 奈良・生駒でマルゲリータを食べる
  • 急成長した会社は急降下する
  • 結局、煩わしいのは身の回りの問題
  • バイク番組を見て欲求を解消するのだ
  • マイケル・ヘイデン元NSA長官、大いに語る
  • 為替相場は米中間選挙後も安定志向
  • ラーメンはチェーン店でいいじゃない
  • 明太子パスタは誰も美味しく作れる
記事検索
Twitter(情報収集用)
  • ライブドアブログ